日本にディーゼルSUVを普及させたのはCX-5の功績大! モデルチェンジも間近なマツダ新世代商品群の先駆け「CX-5」シリーズの歴史を振り返る

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:MAZDA・MOTA編集部

新世代MAZDAはここから! SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ テクノロジー)を初めて全面採用した初代CX-5

ロータリーエンジンやロードスターといったスポーツイメージが強いマツダ。今でこそ、クロスオーバーSUVであるCXシリーズが人気を集めているが、2006年にCX-7が登場するまでは、スズキからエスクードやジムニーのOEM供給を受けてプロシードレバンテやAZ-オフロードとして販売したり、フォードと共同開発したトリビュート(フォードではエスケープ)として販売する程度だった。

“マツダといえばSUV”のイメージを定着させたのも初代CX-5の功績だった

そんなマツダのクロスオーバーSUVを一躍人気車種に押し上げたのが2012年に登場したCX-5だろう。

現在のマツダ車にも採用されている「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面的に採用した初のモデルであり(それ以前にも一部採用車種は存在)、エンジン、ミッション、ボディ、シャシーとすべてがSKYACTIV TECHNOLOGYで作られていた。

また、デザイン面でもマツダのデザイン思想「魂動(こどう)~Soul of Motion~」を全面採用しており、現在に至る新世代マツダの先陣を切った1台ということができるだろう。

クリーンディーゼルを国内に普及させた立役者でもあった初代CX-5

2012年2月に発売された初代CX-5は2リッターのSKYACTIV-Gと呼ばれるガソリンエンジンのほか、新開発の2.2リッターディーゼルターボエンジンであるSKYACTIV-D 2.2を搭載。

このSKYACTIV-Dは、ディーゼルエンジン特有のガラガラ音や煤(すす)の発生を、低圧縮比化と最大筒内燃焼圧力の低下によって低減。また、それに伴いエンジン内部の構成部品を小型、薄肉化し、エンジン本体の軽量化も実現するなど、新世代ディーゼルエンジンと呼ぶにふさわしいものとなっていた。

その結果、CX-5の初期受注の80%以上がディーゼルエンジンモデルという快挙を達成し、ディーゼルエンジン=マツダという新たなイメージを作り上げることになったのである。

こうした数々の功績をたたえ、2012年末に行われた日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、見事イヤーカーの称号を手にすることになったのだ。

意外!? マツダのテーマカラー“ソウルレッド”はモデル途中からの採用だった

2012年末には一部改良が行われ、ボディカラーの入れ替えを実施。中でもアテンザで採用されていた「ソウルレッドプレミアムメタリック」が追加されたことが大きなトピックと言える。

翌2013年9月には新たに2.5リッターのガソリンエンジンモデルを追加したほか、先進安全装備の「「i-ACTIVSENSE」を設定。衝突被害軽減ブレーキのSCBSは全車に標準装備されている。

2014年11月には大幅改良を実施し、先進安全装備の「「i-ACTIVSENSE」が大きく進化。日本車初となる防眩ハイビームを備える「アダプティブLEDヘッドライト」を採用したほか、マツダ車初搭載となる「レーンキープアシストシステム」や「ドライバーアテンションアラート」も搭載された。

また内外装もブラッシュアップされたほか、前後ダンパーを新構造のものに置き換え、フロントロアアームブッシュの最適化によって乗り心地の質感も向上し、NVH性能も向上させたことで、高速走行時の騒音を約10%低減させていた。

2015年4月までに世界累計生産台数が100万台に達したCX-5は、翌2016年11月に2代目モデルを世界初公開。日本では12月に発表と予約受付が開始され、2017年2月から発売された。

2016年末にフルモデルチェンジ! 進化した魂動デザインをまとった2代目CX-5

2016年11月に発表(国内発売は2017年2月)された2代目CX-5は、初代のイメージを踏襲しながらも魂動デザインをより高い次元へと昇華させ、つややかさと精悍さを融合させた外観と、すべての乗員が心地よさを感じられる内装に進化。

ボディカラーも先代で人気だったソウルレッドプレミアムメタリックが新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」へと置き換えられ、もう一つのプレミアムカラーである「マシーングレープレミアムメタリック」も用意されている。

搭載されるエンジンは先代に引き続き、2リッターと2.5リッターのガソリンエンジンと2.2リッターディーゼルターボエンジンというラインナップは不変。しかし、ディーゼルエンジンにはディーゼルノック音を低減する「ナチュラルサウンドスムーザー」と、ノック音の発生そのものを低減する「ナチュラルサウンド周波数コントロール」を新たに採用し、より高い静粛性を実現した。

またステアリング操作に応じて駆動トルクを綿密にコントロールし、前後左右の加速度を統合的にコントロールする「G-ベクタリングコントロール」を標準装備。ドライバーの意のままに操ることができるフィーリングをより楽しむことができるようになった。

度重なる一部改良により、絶え間なく進化を続けてきた2代目CX-5

2018年2月に行われた商品改良ではガソリンエンジンのピストンや排気ポート形状が見直され、低抵抗ピストンやインジェクターを一新して出力を向上。さらに気筒休止技術も採用することで実用域での燃費が向上された。

ディーゼルエンジンも同様に、急速多段燃焼の採用や、段付きエッグシェイプピストン、超高応答マルチホールピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボチャージャーなどの新技術を導入。燃費性能が向上したほか、最高出力は11kW/30N・mと大幅に向上している。

さらに同年10月にも商品改良が実施され、新たに2.5リッターガソリンターボエンジンが追加。さらに2.2リッターディーゼルターボエンジン仕様車には待望の6速MTが追加され、日本におけるCX-5で初めての3ペダルMT車となった(海外では初代から存在)。

2020年4月にはマツダ創立100周年を記念した「100周年特別記念車」が発表されたほか、12月の商品改良では、2.2リッターディーゼルターボエンジンの出力がさらに7kW向上。さらにマツダコネクトのセンターディスプレイが従来の8インチから8.8インチ、一部グレードでは10.25インチへと大型化がなされ、マツダコネクティッドサービスも導入された。

2代目もデビューから5年目、そろそろフルモデルチェンジの噂もちらほら…

現在ではCXシリーズも多くのモデルが登場し人気が分散しているが、それでもシリーズ1の人気を誇るCX-5。

初代モデルが5年でフルモデルチェンジを実施したことを考えるとそろそろフルモデルチェンジか……? と考えてしまうが、マツダは2021年以降にSKYACTIV-Dの後継エンジンを投入することを明言しているので、3代目CX-5もそのときに登場するのだろうか。今から期待して待ちたいところだ。

[筆者:小鮒 康一/撮影:MAZDA・MOTA(モータ)編集部]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円414.2万円
中古価格:
73.8万円390.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる