「ウインカー操作」に「修復歴あり」、「軽油」にまつわる意外とあるある!? クルマに関する勘違い3選

画像ギャラリーはこちら
普段街中を運転しているときなどに「えっ?」とびっくりしてしまうような光景を目にしたことがある人もいるのではないだろうか。

何気なく運転している人も多いだろうが、勘違いして覚えている人が多そうな事柄を3つ紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. ウインカーを出すタイミングは交差点手前60〜70mほど前から!
  2. 中古車の「修復歴あり」は事故に遭ったことがあるわけではない!
  3. 軽自動車に入れるのは「軽油」ではない!

ウインカーを出すタイミングは交差点手前60〜70mほど前から!

まずは安全に関係する交通ルールから紹介しよう。

わざとなのか、思い込みなのか分からないが、直前になってウインカーを動かすドライバーが多い。

ウインカーを出すタイミングは「交差点の30m手前」「進路変更する3秒前」と道路交通法施行令第21条に規定されている。しかし、車は絶えず速度を変えながら動くもの。

時速40kmで走行していたとしても、3秒間で30m以上もの距離を移動しているため30m手前と判断してウインカーレバーを操作するのでは遅い。幹線道路ならさらに遅いタイミングになることもあるだろう。

右左折する際には交差点の30m手前で進路変更は終わらせておく必要があるため、交差点手前では進路変更の約3秒+30m分のウインカーを出すことになる。あくまでも目安だが、距離にすれば交差点手前60~70mほどの距離が安全なウインカーのタイミングだ。

また交差点手前のウインカーは減速という意味も含まれる。

意外に多く行われているのが、ブレーキを踏んで減速してからウインカーを出すこと。後続車は前走車がどのような動きをするのか、ウインカーやブレーキから情報を得ている。そのためブレーキだけでは前走車が止まるのか、曲がるのかを判断できない。ウインカーを出してからのブレーキ操作が正しい順序だということを覚えておこう。

中古車の「修復歴あり」は事故に遭ったことがあるわけではない!

これはかなり勘違いしている人が多いのではないだろうか。修復歴は交通事故や災害などで交換できない箇所を修復した場合に「修復歴あり」となる。車体の骨格部位を損傷してしまい、修正あるいは交換により修復したことをいう。

事故を起こしてなくとも修復歴に該当する車体の骨格部位が損傷もしくは修正されていた場合、修復歴となる。一方、骨格でない箇所、例えばドアやバンパーなどを修正、交換しただけでは修復歴とはならない。

軽自動車に入れるのは「軽油」ではない!

またよくある勘違いが、ガソリンスタンドでの油種の選び方だ。

セルフサービスのガソリンスタンドにはハイオク、レギュラー、軽油の3つの油種があるが、この軽油を軽自動車の燃料だと勘違いしている人がいる。

最近高額なガソリンに比べて価格が低廉であること、「軽」油と表記されていることから、勘違いする人が多いのではないだろうか。しかし、軽油はディーゼル車に用いられるもので、ディーゼル車以外には給油してはいけない。

万が一、間違えてガソリン車に軽油を入れてしまった場合はエンジンをかけない方が良い。

多少混ざる程度ではすぐ壊れないが、思わぬ不具合が起きてしまう可能性が高いため、燃料を抜いて指定の燃料を入れ直してほしい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる