毎日のお掃除は短い時間でカンタンできることがポイントです!

  • 筆者: 柴田 珠美
  • カメラマン:Office TAMA
毎日のお掃除は短い時間でカンタンできることがポイントです!
DC12V電源カークリーナー DC12V電源カークリーナー DC12V電源カークリーナー ドロッピー キューティ 画像ギャラリーはこちら

車内空間もお部屋と同じ。毎日のお掃除がキレイを保つコツです

おウチのお掃除は、自分の部屋をはじめ、洗面所、お風呂場などなど、毎日掃除するところがいっぱい。半年間、ほったらかしっ!という方は中々いないのではないかなと思います。

でも、クルマの中はというと・・・、ついついほったらかしになっていませんか?

車内もおウチと同じ空間として考えると、まったく掃除していない部屋には住みにくいように、日々クルマに乗っている方なら確実に汚れています。ましてや飲食する方ならなおのこと!

そこで今回は、毎日短い時間でカンタンにできる車内のお掃除グッズを集めてみました。

おウチのお掃除も、毎日ちょっとずつやることがラクしてキレイをキープする方法。

車内もこれと同じ。お出かけした後は、プチお掃除時間を設けてキレイをキープしましょう。

車内専用の掃除機は、毎日使うのにピッタリ

DC12V電源カークリーナー
DC12V電源カークリーナーDC12V電源カークリーナー

乗り降りしたり、窓を開けて走ったり、はたまた車内で飲食したり・・・。

車内は汚れにくい素材や汚れが目立たないよう工夫されているので、なかなか気がつかないかもしれませんが、車内は想像以上にホコリや細かいゴミが舞っています・・・。

そこで!オススメしたいのがツインバード工業から好評発売中の車内専用の掃除機。

こちらの掃除機の電源は、シガーソケットから取れるから電池切れの心配もなし。

握りやすいアーチ形状のハンドルで使いやすく、シート地は大きな吸い口で、狭い場所やコーナーなどの隅っこのお掃除には、本体に収納可能なすき間ノズルがお役立ち。

車内にひとつ、用意したい掃除機です。

DC12V電源カークリーナー(3,150円)

問い合わせ先:ツインバード工業(株)0256-93-5308

お掃除道具は見た目も楽しもう!

ドロッピー キューティ
ドロッピー キューティドロッピー キューティ

目についたホコリをさっとお掃除したいときに便利なホコリ取り。

今回クローズアップしたのは、お掃除としての機能だけでなく見た目にも楽しい「ドロッピー キューティ」。

カラーバリエーションはイエロー、オレンジ、グリーン、ブルー、ピンクとキャンディのようなカラフルなカラーが取り揃っています。ハンドルやエアコン、オーディオまわりなど、気付いたときにお掃除しちゃおう。またドロッピーシリーズは、ほうきやちりとり、コップ洗い用など他のアイテムも充実しています。

ドロッピー キューティ(参考価格:各598~698円)

問い合わせ先:早川工業(株)073-487-1180

待ち時間が出来たときは、お掃除の時間!

Beauty CAR WAXクロス

ときどき、ガソリンスタンドで「車内清掃用にぞうきん使いますか?」と差し出されることがありますが、車内に一枚はガラス&車内拭き用のマイクロスは用意したいもの。

そこで今回注目したのは、リンレイの「ビューティーカーシリーズ」のビューティーカーワックスクロス。

カラーはブルー、ピンク、グリーンの3色。超極細繊維で出来ているので汚れをスッキリと落とすだけでなく、ツヤ&光沢も引き出すことが可能。

クロスが汚れたら水洗い、または汚れがひどい場合は中性洗剤で洗って繰り返し使えます。

また自動車用のワックス・コート剤のふき取り用としても使えるクロス。

ワックス用に使った場合は、ワックス専用クロスとして使いましょう。

Beauty CAR WAXクロス(参考価格:各580円)問い合わせ先:(株)リンレイ自動車製品部 03-3541-5955

フロアマットのお掃除も忘れずに

クルマの車内は、乗り降りしていると自然に砂ボコリが舞い込むもの。

とくに、雨の日や砂利道を歩いたとき、また泥道を歩いてしまったときは、車内に砂を持ち込むことになります。

フロアマットにたまった砂ボコリは、助手席や後部座席に乗り込む人にとっても目につくものなので、定期的にフロアマットのホコリを掃いましょう。

頑固な汚れには、洗車場にあるマット洗い機を活用するか、カー用品店で売られているマット専用のクリーナーでお掃除を。

今回、カーケアで紹介したお掃除道具は、空いた時間にカンタンにできるものばかり。

日々のちょっとしたお手入れの時間は、車内空間を快適に保つコツであり、わたしとクルマとのコミュニケーションを高めるコツでもあると思います。

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者柴田 珠美
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる