Vol2:携帯電話まわりのカー用品をチェック!

  • 筆者: 柴田 珠美
  • カメラマン:Office TAMA
Vol2:携帯電話まわりのカー用品をチェック!
BluetoothハンズフリーPA BluetoothハンズフリーPA BluetoothハンズフリーPA BluetoothハンズフリーPA 画像ギャラリーはこちら

音楽も聴けて、インターネットも出来て、お財布機能もついたとなれば、携帯電話はいまやお出かけになくてはならないもの。当然、クルマとのお出かけ時も欠かせないアイテム。お出かけ前のお天気チェックや目的地の情報収集などなど携帯電話をフル活用しているかたは多いはず。

そんな携帯電話のヘビーユーザーのために、各プロダクトメーカーはさまざまな携帯電話まわりのカー用品をラインアップ中。車内で携帯電話の充電ができるアイテムはもちろん、とくに2004年に道路交通法が改正されてからは、携帯電話を持つことなく話すことができるハンズフリーが人気。そこで今回は携帯電話まわりのカー用品をタイプ別にクローズアップ!

Bluetoothが搭載されていない携帯電話にも使えるワイヤレスハンズフリー

BluetoothハンズフリーPA
BluetoothハンズフリーPABluetoothハンズフリーPA

運転中は携帯電話で話すことは危険をともなうので避けたいけれど、緊急の電話がかかってくることもあるので、電話を受け取ることはできる状態でありたいもの。そんなときに役立つのがハンズフリー。ハンズフリーは無線タイプと有線タイプのふたつ。まずはセイワから発売中のハンズフリー、無線タイプから紹介!

無線タイプはコードレスなので、スッキリとした使い心地がウリ。さらにこちらの商品の注目のポイントは、Bluetoothが搭載されていない携帯電話にも使えるところ。携帯電話にBluetoothアダプターを接続することで、ヘッドセット(耳に装備するアイテム。写真参照)へワイヤレス接続が可能に。

着信、電話終了時は、ヘッドセットのメインスイッチでカンタン操作。6段階のボリューム調節機能と耳にフィットする小型軽量のインナーイヤーフック付き。車内だけでなく家事しながら・・・パソコンしながら・・・というときもお役立ちです。

BluetoothハンズフリーPA(オープン価格/スタンバイ時間:約50時間/充電時間:約3時間/通話時間:約2.5時間)

問い合わせ先:(株)セイワ 047-420-0755

耳にピッタリフィットする使いやすいハンズフリー

アルミトップイヤホンマイク FOMA端子型
アルミトップイヤホンマイク FOMA端子型アルミトップイヤホンマイク FOMA端子型

ハンズフリーのタイプはふたつ。無線タイプと、有線タイプ。

有線タイプのいちばんの嬉しいポイントはリーズナブルなこと。初めてハンズフリーを使うかたも有線タイプから初めてみるとトライしやすいはず。

使い方はカンタン。携帯電話のFOMA端子部にプラグを差し込むだけ。発着信はイヤホンマイク側に装備されているボタン操作で、着信、発信が可能。コードはリール式なので必要に応じてコードの長さを調整することが出来、使わないときはコードを収納できるところも使いやすい。また大小2つのシリコンパッド(耳に入れる部分の白いパッド部)が付いているのもうれしいポイント。 ソフトなパッドはつけ心地もバツグン。

購入するときは、自分の携帯電話の充電端子を確認することも忘れずに。

アルミトップイヤホンマイク FOMA端子型(参考価格:1,180円)

問い合わせ先:(株)ミラリード 06-6452-4004(お客様相談センター)

車内にひとつは用意したい携帯電話の充電器

リール式モバイルDCチャージャー
リール式モバイルDCチャージャーリール式モバイルDCチャージャー

ロングドライブのとき、ふと気がつくと携帯電話の充電が少なくなっているときはありませんか?

出かける間際に充電し忘れたとしても車内で充電が出来れば安心。そんなわけで車内に常備したいアイテムのひとつが、携帯電話の充電器。今回こちらで取り上げたのは、シンプルでスタイリッシュなフォルムを持つ、発色のいいホワイトカラーがステキなミラリード製「リール式モバイルDCチャージャー」。

使い方は、クルマのエンジンをかけた状態でカープラグをシガーソケットに差し込み、携帯電話のアクセサリー端子にコネクターを差し込むだけでOK。携帯電話の使用状況によっても変わりますが、約120分から150分で満充電可能に。コードの長さは調整可能で、コードの巻き取りはボタンを押してカンタン収納できるので使い勝手もGOOD。

リール式モバイルDCチャージャー FOMA/3G(参考価格:998円)

問い合わせ先:(株)ミラリード 06-6452-4004(お客様相談センター)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者柴田 珠美
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる