MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート

試乗レポート 2016/8/15 16:40

単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート(1/2)

単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート

ベントレーの神髄

ベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌ

コンチネンタルGTシリーズがイメージリーダーとなるベントレー。2004年登場以来の爆発的なヒットで、ベントレーブランドの顔となったのは間違いない。昨今ではさらに進化を遂げ、パワーアップが行われるとともに、そのデザインをまとったレース用マシンがGTアジアなどで輝かしいレース実績を重ねている。

そんなベントレーの神髄と言えばこちら、『ミュルザンヌ』となる。2009年のリリース以来、このブランドのフラッグシップとしてトップエンドに君臨する。

このクルマがスペシャルなのは一目瞭然だ。

スクエアなフォルムはまさにベントレーが戦後ラインナップしてきた進化版で、新提案の「コンチネンタルGT」系とは異なる。それに生産の組み立てラインはコンチネンタルGTシリーズ(コンバーチブルやセダン混在)とは別だし、オプションの豊富さも際立つ。

またベントレー所縁の地、サルトサーキットのミュルザンヌストレートを由来とするネーミングや、戦前のヘリテージを感じる6.75リッターという排気量、それとV8エンジンというのもそうだ。とにかく、ファンがワクワクする要因がてんこ盛りである。今日では「ベントレー=12気筒」という図式も否定できないが、歴史的にはV8の印象は強い。

インテリジェンスとユニークさが感じられるデザイン

ベントレー 新型ミュルザンヌ
ベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌ

前置きが長くなったが、そんなミュルザンヌがモデルチェンジした。

フロントまわりを意匠変更し、雰囲気を変える。80mmワイドになったグリルとワンピース成形されるバンパー、ラジエターシェル、ボンネットがまずは目に入る。シームレスなボディ構造を目指し、走りをよりよいものとする。

ヘッドライトも新しい。ジュエリーのようなデザインはオールLEDで構成される。しかも、これはアダプタブルヘッドライトと呼ばれる自動調整機能付きで、速度によって照射距離を勝手に変えてくれる。ベースとなるのは4つのモードで、街中/郊外/高速道路/ハイビームをセットしておけば、あとは自動で適応してくれるということだ。

ボディ全体にベントレーを意味する“B”のデザインを各所に取り入れているのも新しい。バンパー下、フロントフェンダー、リアテールランプにそれが見られる。どこかインテリジェンスとともに彼らのユニークさを感じる。

ベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌ
  • Page1単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート
  • Page24桁のNm

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ベントレー ミュルザンヌ の関連編集記事

ベントレー ミュルザンヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR