autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 現在発売されている軽自動車の中で、最も走りの楽しい車って?【教えて!MJブロンディ】

自動車用語 2013/11/20 12:34

現在発売されている軽自動車の中で、最も走りの楽しい車って?【教えて!MJブロンディ】

Text:
現在発売されている軽自動車の中で、最も走りの楽しい車って?【教えて!MJブロンディ】

現在発売されている軽自動車の中で、最も走りの楽しい車って?

今現在発売されている軽自動車の中で、一番走りの楽しい車は何でしょうか?(※FF車でお願い致します)

(車好きさん)

其の疑問、MJブロンディがお答え致します!

これはものすごく難しい質問です。汗が出ます(笑)

(左から)ミライース/N BOX/ワゴンR

軽自動車は、もともとの厳しい規格制約の中、激しい競争にさらされた結果、どのクルマも究極の進歩を遂げています。おかげで、どの軽に乗ってもほとんど大差ない!というところに、性能やフィーリングが接近しているのです。

かつてはビートやコペンなどの軽スポーツも存在しましたが、現在は消滅。ビートは復活が既定路線になっていますが、車好きさんが狙っているのは、恐らくスタンダートな4人乗りの軽自動車でしょう。

その中でどのクルマが一番走りが楽しいのか?走りが楽しいということは、まずエンジンのレスポンスがいいことが条件ですね。となると、スズキとダイハツが一歩リードしています。スズキとダイハツのエンジンは、ノンターボでも驚くほど低速トルクがあるので、日常的なシーンでも、アクセルにシャープに反応してくれます。三菱(&日産)やホンダは、まだそこに追いついていません。

ターボ付きなら、三菱やホンダも含め、すべて十分にパワフルですが、価格が相当高くなります。

続いて、ステアリングにどれくらいシャープに反応してくれるかが、走る楽しさのキモになります。これに関しては、ダイレクトに効くのは、重心の低さとボディの軽さです。

ダイハツ ミライーススズキ アルトエコスズキ ワゴンRダイハツ ムーヴ

となると、ダイハツならミライース、スズキならアルトですね。ともに最廉価車が一番素質がある!ということになります。

ただ、私が試乗した限り、曲がる楽しさに関しては、ミライースの方がずっと上でした。アルトやアルトECOは、ロールが大きい分アンダーステアが強く、フニャフニャな印象。ミライースの方が若干カッチリしていて、下りのワインディングなら、相当楽しめるセッティングでした。

ミライースは狭すぎる……とおっしゃるなら、ごくごく当たり前の選択ですが、ワゴンRかムーヴです。これはどちらもすばらしい完成度を持った軽自動車で、まさに王道です。

さらにぐっと広い室内を持つタントやスペーシアも、驚くほどの性能を持っていますが、なにせ背が高い=重心が高いし、広い分重いことがハンデになります。

MJブロンディの「ひとりごと」

価格を度外視すれば、ムーヴ・カスタムのターボ付きか、ワゴンRスティングレーのターボ付きあたりが、日常的に楽しく痛快に走れるんじゃないでしょうか。ただ、ともに150万円くらいする高額車です。

また、前述のように、軽自動車の性能はどれも極めて接近していますから、楽しく走ろうと言う気持ちさえあれば、どれもそれなりに楽しめると思いますよ。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる「教えて!MJブロンディ」。クルマに関するご質問や素朴な疑問などを随時募集しておりますので、皆さまドシドシお寄せ下さい!

【募集中!】自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを教えてください!

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR