【レヴォーグ中古車検討勢必見】スバル 初代レヴォーグの中古車を買うならば1.6リッターモデルがお勧め! 価格は150万円台から狙える

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年11月にデビューしたスバル 新型レヴォーグはこれまで約3万台を売り上げるほどの人気を集めている。注目すべきは全グレードでオプション設定されている運転支援システムのアイサイトXの装着率で、現在も9割以上のユーザーが選んでいるのだった。だが、その一方で初代レヴォーグの中古車にも人気が集まりつつあるという。そこで今初代レヴォーグの中古車を買う際にオススメのグレードと年式をご紹介する。

レヴォーグ誕生は日本のファンのため! 日本の道路事情を考えたサイズで登場

2013年にデビューした初代レヴォーグは、当初日本専売モデルとして発売。昨今の国産メーカーは国内専売車を開発する向きは少なく、グローバルモデルが多い中、日本市場向けに開発するというのはかなり珍しい事例でもある。

なぜ国内専売としたのか? それはレガシィのボディが大きくなりすぎたことが最大の理由である。というのも1989年にデビューして以来、5代のレガシィを排出してきているが、初代モデル〜3代目モデルまでは一貫して5ナンバーサイズをキープ。4代目モデルから全車3ナンバーとなったものの、全幅1730mmに抑え、このモデルまで国内でも大ヒットとなったのだ。

ところが2009年に投入された5代目レガシィは全幅1780mmと歴代モデルに比べ格段にボディサイズが拡大され、国内ユーザーから「大きすぎる」といった声が高まっていた。そこでスバルは国内のレガシィファンの声に応えるべく、好評だった4代目レガシィのサイズに程近いボディサイズとした初代レヴォーグを開発したのだった。

>>スバル 初代レヴォーグが生まれたのはレガシィが大きくなったから!? レヴォーグ誕生当時の秘話はコチラ

初代レヴォーグ買うなら1.6GTアイサイト! 高速道路でのアシスト機能も充実

初代レヴォーグの生い立ちはこの辺にして、オススメの年式とグレードをご紹介しよう。

初代レヴォーグは当初から運転支援システムアイサイトVer.3を搭載(一部グレードを除く)。そして2017年のマイナーチェンジで高速道路やバイパスといった自動車専用道路においてアクセル、ブレーキ、そしてステアリングのアシストをしてくれる「アイサイトツーリングアシスト」を採用している。

新型レヴォーグでアイサイトXを選ばなかった場合は、アイサイトツーリングアシストが搭載され、今なお活躍している機能でもある。したがって、今初代レヴォーグの中古車を買うならば、アイサイトツーリングアシストを搭載した2017年以降のモデルをお勧めしたい。

200万円以下の物件も多数! 全てが安心のアイサイト搭載

2021年6月18日現在の中古車サイトで2017年以降、そして走行距離5万キロ以下で見てみると、全586台がヒットした。価格帯としては148万円〜358万円と、今もなお高い水準で推移している印象である。

新型レヴォーグでも引き続き人気を博している最上級グレードの「STIスポーツ」は、初代モデルでも他のグレードと比べると1〜2割程度高い177万円〜321万円の価格で取引されている。

STIスポーツならではの専用足まわりや専用エアロなどが人気を呼んでいるが、よほどこだわりがなければ、編集部としては1.6GT アイサイトをお勧めする。こちらは148万円〜253万円で発売されているのだ。

ランニングコストを考えても断然1.6リッターターボ

初代レヴォーグには1.6リッターターボと2リッターターボエンジンをラインアップしており、前者はレギュラーガソリン、後者はハイオク仕様となっているのだ。そして実際に乗り比べてみると2リッターターボモデルは市街地中心での使用であるならば持て余すほどのハイパワー使用となっているためである。

だからこそ今初代レヴォーグの購入をするならば、ランニングコストを含めても1.6リッターターボモデルをお勧めしたい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
84.8万円478万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる