四角いフォルムと英国風インテリアが超オシャレ! DAMDのN-VANカスタム「DENELI(デネリ)」

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年1月に開催された「東京オートサロン 2020」にてDAMD(ダムド)より発表され、注目を集めたホンダ N-VAN用ボディキット「DENALI(デナリ)」。発表から3ヶ月後の同年4月に発売されてからも人気が続くボディキットを紹介していきましょう。

>>超オシャレ! 「DENELI」の内外装やカラバリを写真で見る[全26枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 山が似合うクラシックなN-VANに変身
  2. エクステリアパーツ
  3. インテリアパーツ
  4. 価格

山が似合うクラシックなN-VANに変身

DENELI(デネリ)を制作したのは1980年代に創業したエクステリア・インテリアパーツメーカーDAMD(ダムド)。そんなダムドが、クルマを中心に旅をしながら生活するVANLIFE(バンライフ)のライフスタイルやカルチャーを日本特有サイズの軽バンへ昇華させ、個人それぞれの「自分らしさ」や「生き方」と寄り添える、そんなバンライフを提案したのが「MARIBU(マリブ)」と「DENELI」です。

ベースとなるのは、乗用車&アクティブな趣味クルマとしても使い勝手の良い軽バン「ホンダ N-VAN」です。

今回紹介する剛健な出で立ちの「N-VAN DENALI」は、空へ突き抜けるような山をテーマに、スクエアなフォルムをデザインに取り入れながら、冒険やアウトドアをサポートする力強さを表現しています。

エクステリアパーツ

MALIBU フェイスチェンジキット

ネオクラシックな丸目2灯や、2段グリルや角型ウインカーなどが特徴のフロントフェイスキットです。

ウッドストライプ

シンプルデザインでボディカラーを選ばない、ウッド調プリントを施したサイドステッカー。

サイドロアステッカー

飛び石などの傷からボディを守りながら、フロントから自然な繋がりを持たせるロアステッカー。

下部のボリュームを視覚的に落とし、力強いサイドビューを演出します。

クラシックテールランプ

シボ有りマットブラック塗装と懐かしさを感じる3連ランプの組み合わせによってリアビューをガラリとレトロな印象に。好みに合わせて純正ボディ色への塗装にも対応。

純正リアバンパー(塗装品)

純正リアバンパーを粗目マットブラックにペイント。フロントバンパーとの統一感を持たせ、ボトムラインに統一感を生み出します。

インテリアパーツ

リアウィンドウウッドパネル

リアの窓部分に取り付けるウッドパネル。モノを掛けたりと見せる収納としても使用でき機能的。ナチュラル/ダークブラウンの2色を用意。

純正パーツ取付部を流用でき、無加工&ボルトオンで装着可能。

※取付該当箇所に他パーツが装着されている場合を除く

ウッドフロアキット

運転席以外のフロア全体を埋める天然材木のウッドパネルキット。取り外しも簡単で、用途によって組み合わせを選べます。

こちらもナチュラル/ダークブラウンの2色を用意。

MALIBU シートカバー

英国風のトラディショナルなチェック柄でビンテージ感漂うシートカバー。素材は汚れてもサッと拭けてお手入れが簡単なPVCを使用しています。

※「リアウィンドウウッドパネル」「ウッドフロアキット」「DENALIシートカバー」はONLINE 限定商品

価格

エクステリア

DENALIフェイスチェンジキット(未塗装品素地):18万円

フェイスチェンジキット別途塗装代:4万円

ウッドストライプ(ナチュラル/ダークグレー):2万8000円

サイドロアステッカー(マットブラック):1万8000円

クラシックテールランプ:近日販売予定

純正リアバンパー(粗目マットブラック塗装):7万4000円

インテリア(オンライン限定品 DIYで取り付け可能)

リアウィンドウウッドパネル(ナチュラル/ダークブラウン):3万9000円

ウッドフロアキット(ナチュラル/ダークブラウン):6万8000円

DENALIシートカバー:1万8000円(運転席のみ)/3万8000円(1台分)

※上記は全て税別価格

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる