autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 5008 試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2013/3/7 18:21

プジョー 5008 試乗レポート/飯田裕子(1/3)

関連: プジョー 5008 Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
プジョー 5008 試乗レポート/飯田裕子

ミニバン全盛の日本で、あえてプジョー5008を選ぶ理由

プジョー 5008 Cielo

フランス・プジョーから、3列シートのミニバン「5008」がデビューした。ミニバンカテゴリーがすっかり根付いた日本だが、日本製のそれとはどこがどう違うのか。飯田裕子サンのレポートでお届けする。

近年、フランスの出生率は上がり人口は増加傾向、1世帯当たりの人数も増えているという。そこで最近はフランスでも、ファミリー向けにミニバンの人気が高まっているのだとか。子育て世代にとって、ミニバンが実用的であるのはどの国でも同じようだ。

そんなファミリーミニバン需要の高まるフランス・プジョーから登場した、3列シートタイプの7人乗りの「5008」。プジョーが初めて日本市場で販売するミニバンである。本国では3年前に発売を開始したこのモデルは、6速ATの採用を待って日本にも導入されることになったのだ。1.6リッターターボエンジン(156PS)と6速ATとの組み合わせは、すでに308や508、RCZなどに採用済みの環境性能と走りの質のバランスに優れたコンビ。実用性や走りの質にこだわって日本にやってきた5008の「機は熟した」的な実力に、期待している方も少なくないのではないか。

ミニバン人気の日本にあって、プジョーはフレンチテイストのミニバンでいかに効果的に新たな刺激を生み出すだろうか。

グレードはベーシックな「Premium(プレミアム)」と上級版「Cielo(シエロ)」

プジョー 5008 Cieloプジョー 5008 Cielo インパネ周り

プジョー5008は、同じくミドルクラスの欧州ミニバン、フォルクスワーゲンの「ゴルフ トゥーラン」などがライバル視される。が、乗り味やムードは異なり個性は被らない。

5008は、多彩なシートアレンジの中にヨーロッパのミニバンらしさを感じる。居住スペースや荷物スペースのフレキシブルな利便性と開放感のある室内、そしてシンプルながら質実の感じられるインテリアを持つ。

剛性の高いボディには、フランス車らしいドライブフィールも与えられていた。300万円からスタートする価格も魅力的だ。ちなみにモデルバリエーションはベーシックな「Premium(プレミアム)」と、機能や装備がプラスされた「Cielo(シエロ)」の2つである。

[次ページへ続く]

プジョー 5008 Cieloプジョー 5008 Cieloプジョー 5008 Cieloプジョー 5008 Cieloプジョー 5008 Cielo 2列目シート(左右独立スライド時)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

プジョー 5008 の関連編集記事

プジョー 5008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 5008 の関連編集記事をもっと見る

プジョー 5008 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR