【PR】コンパクトクラスを超えた上質な仕立てと充実装備で実はかなり狙い目なキックス AUTECH

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:佐藤 正巳
画像ギャラリーはこちら
日産のコンパクトSUVキックスに、特別なグレード「AUTECH(オーテック)」が発売された。湘南の海と空をイメージさせる外装パーツや内装の仕立ては、AUTECHならではのこだわりがぎっしりと詰まったもの。オーナーを心地よく、そして満足させてくれるキックスのカスタムカーを紹介します。

全身こだわり仕様のキックス AUTECHをチェック[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 湘南の海をモチーフにした特別装備の数々
  2. ▼MOTA編集部ノムによるキックス AUTECHの動画レポートはこちら!
  3. 各部に装着されたこだわり満載のAUTECH専用パーツ
  4. ブルー x ブラックで上質な空間に仕立てられたインテリア
  5. 装備を考えれば実はかなりお買い得なキックス AUTECH

湘南の海をモチーフにした特別装備の数々

日産のコンパクトSUVであるキックス。e-POWER搭載のSUVとして発売以来人気を博しているが、2021年3月3日、キックス AUTECH(オーテック)が追加された。エルグランド AUTECHやノート AUTECHに続くオーテックジャパンが手掛けたモデルで、他車種のAUTECH同様、内装外装ともに基準車とは異なるカスタムが施されている。

今回発売されたキックス AUTECHでも、特別な仕立ては健在だ。オーテックジャパンが拠点を構える茅ヶ崎、湘南エリアの「海と空」を創造の源として、キックスというキャンバスにその世界観を展開している。

まず目に入るのは、「オーテックブルー」と呼ばれる青いボディカラーだ。この青、実はAUTECHの車種によって異なる色品番が当てられている。つまりオーテックブルーにも複数あり、このキックス AUTECHでは「ダークブルー」が選ばれた。ちなみにこのダークブルーはエルグランド AUTECHでも使われている。

もちろんオーテックブルー以外にも、ブリリアントホワイトパール/ピュアブラックの2トーンやブリリアントホワイトの単色、ピュアブラックといったカラーバリエーションもラインアップしているが、やはりAUTECH=(湘南)ブルーのイメージなのだろう。ちなみに約4割ものオーテックオーナーが、この「オーテックブルー」を選んでいるという。

ボディカラーはそのクルマを表す大事な要素で、キックス AUTECHのオーテックブルーではピュアブラックのルーフを組み合わせた2トーンとしている。この組み合わせはキックスAUTECHでしか選ぶことができない。

▼MOTA編集部ノムによるキックス AUTECHの動画レポートはこちら!

キックス AUTECHの詳細はこちら[オフィシャルサイト]

各部に装着されたこだわり満載のAUTECH専用パーツ

ボディ各部に施されたAUTECHマジックはまだまだある。

例えばフロントグリル。グリルそのもの自体は基準車と共通だが、グリルを囲むフィニッシャーをダーククロームとし、波のキラメキを表しているドットパターンは、フォグランプフィニッシャーとして左右に施された。フェイスの中央部分にブラックの面積を増やすことでSUVの力強さを引き出したいという意図だ。多くの青色LEDを取り寄せて色調を検討したというブルーLEDは、遠目からもはっきりとその存在を主張し、特別なクルマであることを物語る。

ボディのボトムは、フロント、サイド、リアとメタル調フィニッシュのプロテクターが追加されている。このプロテクターは、波打ち際の「さざ波」を意味しており、メタル調にしたことでメッキ調よりも華美になりすぎず、それでいてしっかりとラインを意識させる。

前後のプロテクターはマッドガード的なデザインが施され、SUVらしさを強調している。

エクステリアでもう一つのポイントは、専用デザインの17インチホイールだろう。AUTECHのAの文字をスポークで表現しつつ、トーンを落としたダークメタリックペイントとすることでタフな足元を表現。純正の樹脂フェンダーと合わせて、SUVの力強さをアピールする。

ブルー x ブラックで上質な空間に仕立てられたインテリア

AUTECHといえば、インテリアの仕立ても定評がある。クルマのオーナーとしては所有欲を満たすことができる空間であり、同乗者は心地よくなる。そんなキックス AUTECHの室内を見てみよう。

ドアを開けるとまず目に入るのが、本革巻きのステアリングだろう。ブラックレザーに、色調を抑えたブルーレザーが組み合わせられており、ステッチはやはりブルー。ドアパネルにも同色のブルーが配され、シックに統一されている。

シートも同じ色調で、こちらはレザレット(合皮)を使用。背もたれと座面のブラックレザレットには波をイメージさせるパターンが施されており、ブルーレザレットとのコンビネーションが落ち着いた雰囲気を演出する。こちらもステッチのカラーはブルーで、背もたれには「AUTECH」の文字が刺繍されている。文字の大きさや刺繍の形状など、細部までデザインが行き届いている。

シートのパターン自体は基準車と同じ。しかし、実はAUTECH専用シート表皮は型紙から変更されており、座り心地も異なる。ディーラーで展示車を見かけたら、ぜひ実際に座って体感してみて欲しい。

装備を考えれば実はかなりお買い得なキックス AUTECH

キックス AUTECHは、ベースとなるキックスの「X」(275万9900円・税込)に対して、35万4200円高い311万4100円(税込み)となる。しかし、外装の専用パーツやホイール、特別な仕立ての内装、さらにベースモデルではオプションとなるインテリジェント アラウンドビューモニターやインテリジェント ルームミラー、ヒーター付きシート(前席)、ステアリングヒーターなどが含まれていると考えれば、ずいぶんと頑張った価格設定であることに気がつくはずだ。

掛け心地のいいシートに腰掛け、手触りのいい本革巻きのステアリングを握る。視覚と触覚で、乗った人を心地よくするキックス AUTECHの仕立て。クラスを超えた上質さを味わうことができるクルマだ。

キックス AUTECHの詳細はこちら[オフィシャルサイト]

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円311.4万円
中古価格:
34.9万円2,680万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる