autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、ピックアップトラックの「トライトン」/「L200」新型を世界初披露 |ダイナミックシールド採用でスタイリッシュに

自動車ニュース 2018/11/9 15:29

三菱、ピックアップトラックの「トライトン」/「L200」新型を世界初披露 |ダイナミックシールド採用でスタイリッシュに

トライトン/L200生誕40周年に新型登場

三菱は、生誕40周年を迎えた1トンピックアップトラックの新型「トライトン 」/「 L200」を2018年11月9日にタイ・バンコクで世界初披露し、同年11月17日に発売する。

新型トライトン/L200は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのレムチャバン工場で生産された。

タイをはじめとするアセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次展開し、最終的には約150ヶ国で販売する計画の世界戦略車である。

三菱 CEO 益子修氏のコメント

三菱自動車、新型『トライトン』/『L200』を世界初披露

三菱自動車にとってトライトン/L200は極めて重要な世界戦略車の一つであり、当社の持続的成長には今回投入する車の成功が不可欠。

今回の改良では、初代から40年間で培った耐久性、信頼性及び快適性にさらに磨きをかけるとともに、デザインを力強く堅牢なものに一新した。

新型トライトンは世界中のユーザーの多様なご要望にお応えできると確信している。

三菱 新型トライトン/L200 商品概要

新型トライトン/L200では、「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」というコンセプトと歴代モデルでの開発思想である「Engineered Beyond Tough」 のもと、新世代の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用した力強いデザイン、オフロードでの走破性を向上させた4WDシステム、先進の予防安全・運転支援技術の採用など、大幅に商品力を高めた。さらに耐久性・信頼性に加え、快適性や乗り心地にいっそう磨きをかけた。

「Engineered Beyond Tough」を体現する力強いデザイン

■フロントビュー

フロントフェイスは新世代の「ダイナミックシールド」デザインコンセプトを採用。高いボンネットフードで厚みを持たせランプ類を高い位置に配置したことで、力強く堂々としたフロントフェイスに一新した。

■サイド&リヤビュー

サイドのボディからつながる艶やかなボディ曲面と、ホイールフレアのシャープなラインとフラットな面のコントラストにより、三菱らしいトラックの力強さとモダンさを表現。また、ボディサイド全体の厚みを増やし安定感を加えた。

■インテリア

インパネ全体のウイング形状を継承しつつ、センターパネルはソリッドかつクリーンな造形のフレームで操作パネルとアウトレットを囲み、モダンさと剛性感を表現。フロアコンソール、アームレスト、パーキングブレーキなど人が触れる部分には、ソフトパッドとステッチを入れて上質な空間を実現した。

悪路での走破性をいっそう高めた4WDシステム

■4WDシステムに「オフロードモード」を採用

スーパーセレクト4WD-II搭載車、イージーセレクト4WD搭載車ともに、新たに「オフロードモード」を採用。

「未舗装路」「泥道/新雪」「砂地」「岩場(走行モードが4LLc時のみ)」の4モードを設定。

「オフロードモード」では、エンジン、トランスミッション、ブレーキを統合制御することでタイヤのスリップ量をコントロールし、悪路での走破性・脱出性を高めた。

■「ヒルディセントコントロール」を採用

急な坂道や滑りやすい路面を下る際、電子制御により低車速に抑えて安心・安全に走行することができる。

安心・安全を提供する先進の予防安全・運転支援技術

■前方車両だけでなく歩行者の検知も可能とした衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」、ドアミラー表示や警告音で車線変更時に起こりやすい接触事故を回避する後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)「BSW/LCA」、同じく後退時に起こりやすい接触事故を回避する後退時車両検知警報システム「RCTA」、駐車場などでの発進時の誤操作を防止する誤発進抑制機能(前進&後退時)「UMS」など、全方位の予防安全機能を搭載。

■自車の周囲を俯瞰した映像表示により安心して入庫できるマルチアラウンドモニターやパーキングセンサーなど、便利な運転支援機能を採用。

ピックアップトラックに求められる性能・機能

■フロントブレーキのディスクとキャリパーピストンを大型化したことで、制動性能とフィーリングを向上。

■リヤサスペンションのダンパーを大型化し、オイル流量をアップしたことで、乗り心地を向上。

■オートマチックトランスミッションは5速から6速に変更することで、より滑らかで力強い加速性能とし、静粛性も向上。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

三菱 トライトン の関連編集記事

三菱 トライトンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 トライトン の関連編集記事をもっと見る

三菱 トライトン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR