autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ初のEVのモデル名が「タイカン」に決定!2019年より生産開始

自動車ニュース 2018/6/11 13:12

ポルシェ初のEVのモデル名が「タイカン」に決定!2019年より生産開始

ポルシェ 新型タイカン
ポルシェ 新型タイカンポルシェ 新型タイカンポルシェ 新型タイカンポルシェ 新型タイカン画像ギャラリーはこちら

ポルシェ初となる電気自動車の生産が2019年より開始される。その実現に向け、ポルシェの純粋な電気自動車を表現するため現在“ミッションE”と呼ばれているコンセプトスタディモデルの正式名称が、タイカン(Taycan)に決定したことがわかった。

この名称は、1952年以来、ポルシェ クレストの中心にある跳ね馬のイメージに基づいており、「生気あふれる若馬」を意味する。

>>ポルシェ初の電気自動車「タイカン」の内外装デザインを画像でチェック!

600PS(440kW)を超えるシステム最高出力を発生する2基の永久磁石シンクロナス・モーター(PSM)の0-100km/h加速タイムは3.5秒以下で、0-200km/h加速タイムは12秒を下回る。こうしたパフォーマンスに、電気自動車では前例のない連続的な出力レベルも付加される。つまり、性能を損なうことなく幾度ものジャンプスタートを連続して行うことが可能で、航続距離は500km以上(NEDC:新欧州サイクル)におよぶ。

ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ氏は「ポルシェの新しい電動スポーツカーはパワフルで高い信頼性を備えます。長距離を確実に走行することが可能で、まさに自由を象徴するクルマです」とコメントした。

将来の投資を倍増

ポルシェは、2022年までに、当初計画の2倍に相当する60億ユーロを超えるE-モビリティへの投資を計画している。追加された30億ユーロのうち、約5億ユーロがタイカンの派生モデルの開発に利用され、既存のモデルレンジの電化とハイブリッド化に約10億ユーロ、生産拠点の拡張に数億ユーロ、さらに、新しいテクノロジー、充電インフラおよびスマートモビリティに約7億ユーロが投資される予定だ。

ポルシェ パナメーラ の関連編集記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連編集記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!