autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、小型ビジネスジェットの最新モデル「ホンダジェット エリート」を日本で販売

自動車ニュース 2018/6/7 18:01

ホンダ、小型ビジネスジェットの最新モデル「ホンダジェット エリート」を日本で販売

関連: ホンダ
ホンダジェット エリート(HondaJet Elite)
ホンダジェット エリート(HondaJet Elite)

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の日本での受注を2018年6月6日より開始した。

販売にあたっては、丸紅エアロスペースをディーラー「HondaJet Japan」に指定し、販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを提供する。HACI は、国土交通省航空局に対し、2018年5月に機体の型式証明申請を行っており、2019年前半にホンダジェットの納入開始を目指す。

ホンダジェットの特徴は、他のビジネスジェット機にはない独自の設計思想で、主翼上面にエンジンを配置し、空力的に大きな効果を得られる最適な位置と形状を備えている。

また、その革新的なエンジン配置により、胴体にエンジン支持構造を必要とせず、内部スペースを最大限利用できることから、クラストップの広い客室と大容量の荷物室を実現した。

客室は、素材の質感、造形、構造の細部にまでこだわり、高い安全性、静粛性、安定性と合わせて、乗員に快適な空の移動を提供する。

日本では、ホンダジェットの性能をさらに向上させた、最新型のホンダジェットエリートを販売。これは、従来のホンダジェットに対して、約17%の航続距離延長(+396km)、エンジンノイズを低減させる新インレット構造採用による静粛性の向上、そしてアビオニクスシステムや安全性制御をさらに進化させた。燃費・最高速度・最大運用高度・上昇性能・航続距離・静粛性・室内サイズなど、全ての主要性能項目でクラス最高水準を実現している。

ホンダジェットエリートの主要諸元

座席数:最大7人乗り ※標準仕様: 乗員1名+乗客5名(オプション: 乗員1名+乗客6名)

エンジン:GE Honda エアロエンジンズ社製(GHAE)HF120

最大運用高度:1万3106m(4万3000ft)

全長×全幅×全高(m(ft)):12.99×12.12×4.54(42.62×39.76×14.90)

最大巡航速度:422ノット(約782km/h)※高度3万フィートにおいて

航続距離:2661km(1437nm)※従来のホンダジェットは2265km(1223nm)

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連編集記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!