autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、SUVラインナップの末っ子「Q2」を発表…価格は299万円から

自動車ニュース 2017/4/26 14:54

アウディ、SUVラインナップの末っ子「Q2」を発表…価格は299万円から

アウディ Q2

アウディ ジャパンは2017年4月26日、アウディラインナップで最もコンパクトなSUV「Q2」を発表した。なお、発売は6月中旬となる。

Q2は、全長4200mm、全高1530mmで、Q3より一回り小さいコンパクトSUV。

コンパクトなボディで日本の都市環境下でも優れた機動性を発揮する一方、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティを確保した。

アウディ Q2 1.0 TFSI
アウディ Q2 1.4 TFSI

新しいデザイン要素であるポリゴン(多角形)を取り入れた個性的で存在感あるエクステリアや、軽量ボディと力強いTFSIエンジンによるシャープでスポーティなドライブ感覚、最新のドライバーアシスタンスシステムやコネクト機能を搭載している。

今回導入するのは、1リッター3気筒 TFSIエンジン(116PS)を搭載した「Q2 1.0 TFSI/Q2 1.0 TFSI sport」と、シリンダー休止システム「シリンダーオンデマンド」搭載の1.4リッター4気筒 TFSIエンジン(150PS)を積んだ「Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sport」の計3モデル。

価格(消費税込)は、1.0 TFSIが299万円、1.0 TFSI sportが364万円、1.4 TFSI cod sportが405万円となる。

300万円を切る299万円からという戦略的な価格設定とし、手頃なサイズのなかにアウディの魅力を凝縮したコンパクトSUVとして、今後のアウディの販売の柱のひとつと位置づけている。

また今回の発売を記念し、1.4リッターモデルをベースにした特別仕様の“Q2 1st edition”を280台限定で販売する。価格(消費税込)は490万円となる。

>>アウディ Q2の写真を見る

関連記事:アウディ期待のホープ新型「Q2」“Q3のヤンチャな弟”が新たな挑戦

アウディ Q2の特徴

アウディ Q2 1.0 TFSI
アウディ Q2 1.0 TFSI

Q2はスクエアでエッジの効いたデザインが特徴のコンパクトSUV。4200mmの全長はQ3と比べると20cmほど短く、それに対しホイールベースは2595mmとし、前後オーバーハングを切り詰めた。

全高は1530mmと、日本の住環境、道路事情にマッチして、立体駐車設備の利用率が高い都市環境にも順応したボディサイズとなっている。

また、最少回転半径5.1mのとり回しの良いボディに加え、標準装備したプログレッシブステアリングは町中や駐車時でも快適なハンドル操作を可能にする一方、ワインディングロードでのダイナミックなドライビングも実現した。

フロントビューは、ボンネットに立体的な造形を施し、8角形のシングルフレームグリルを高めに配置することでSUVらしさを演出。ポリゴン(多角形)をモチーフにしたデザインが、これまでのアウディデザイン系譜にないアクティブで新鮮な印象を加えている。

クーペのような低いルーフラインが印象的なサイドビューでは、Cピラーに設置されたアイスシルバー(グレイシアホワイトでは、マットチタングレー)のブレード(※)が力強いアクセントになっている。

※1.0 TFSI sport、1.4 TFSI cylinder on demand sportに設定

リアは長いルーフスポイラーや、アーチ型をしたバンパー、アンダーボディプロテクション風のディフューザーなどにより、ダイナミックな印象が強調されている。

ボディシェルはきわめて高いねじり剛性を達成し、それがQ2が持つ様々な優れた資質につながっている。

熱間成型の超高張力鋼板の使用比率はボディ全体の22%に達し、要所を効果的に補強することで、事故時の乗員保護能力を高めつつ、ボディ重量を抑制した。1.0 TFSIエンジンを搭載車の重量は1205kg(欧州仕様値)。軽量化と高いボディ剛性により、スポーティなハンドリングと快適な乗り心地を両立した。

またQ2はエアロダイナミクスの面でも、SUVの中ではトップレベルのCd値0.30を実現した。

アウディ Q2 1.4 TFSI
アウディ Q2 1.0 TFSI

Q2は、SUVとスポーティカーの持ち味を融合したモデルで、乗り降りがしやすく視界も良好。

その一方で、前席にはスポーティなシートポジションを設定し、クーペのような傾斜したルーフラインを持つにもかかわらず、後席の乗員にも十分なヘッドルームとレッグルームを確保した。

ラゲージコンパートメントはサイドウォールが完全に平らな設計で、低めのラゲージシルと併せ、使い勝手を高めた。ラゲージ容量は5人乗車時でも405リットルを確保しており、60:40の2分割可倒式リアシートを折りたためば、最大1050リットルにまで拡大することができる。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ Q3 の関連編集記事

アウディ Q3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ Q3 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR