BOSE、アウディ新型Sモデルに Boseサラウンド・ サウンドシステムを標準装備

BOSE

Boseは、2012年8月27日に発売された新型Audi Sモデル(S6、S6アバント、S7スポーツバック、S8)に、Bose 5.1ch サラウンド・サウンドシステムを標準装備として提供した。

Bose 5.1chサラウンド・サウンドシステムは、車載ヘッドユニットとは別に独立搭載される専用BoseアンプのEQチャンネルにより、Sモデルの車室内の音響特性に合わせた最適なチューニングが施されており、Sモデルのキャビンに広がりをもたらし、心地よい音質とともにくつろいだドライブ体験を提供する。

今回発売された新型Audi Sモデルは、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立する先進のエンジンとクワトロフルタイム4WDシステムを搭載している。

新型Audi Sモデル専用に設計されたBose 5.1chサラウンド・サウンドシステムに共通する3つの特長

Boseサラウンド・ サウンドシステムが標準装備されている Audi new S6Boseサラウンド・ サウンドシステムが標準装備されている Audi new S6 AvantBoseサラウンド・ サウンドシステムが標準装備されている Audi new S7 SportbackBoseサラウンド・ サウンドシステムが標準装備されている Audi new S8

臨場感あふれる贅沢な音を再現するBose5.1chサラウンド・サウンドシステム

定評あるBoseのサラウンドサウンド技術で、最新の映画館やホームシアターなどに匹敵する360度の音に包まれる贅沢な音響空間を提供

Bose Centerpoint2バーチャルサラウンド再生機能搭載

Bose独自のDSP技術Centerpoint 2サラウンド・システム機能により、CDやハードディスクに録音したステレオ(2ch)音源もサラウンド・サウンドに変換して再生。車載オーディオ専用に開発され、進化したCenterpoint 2は音源の選択肢が広がり、CDはもとより、ラジオや、MP3などの圧縮音源などにも対応

AUDIOPILOT™2走行ノイズ補償システムを装備

走行中のノイズによって影響を受けた音域のみを、リアルタイムで自動補正していくAUDIOPILOT 2の機能により、トンネル内の走行などで、車室に進入するノイズ(外部からの雑音)レベルが上昇した場合でも、ボリュームをご自身で調整する必要がなく、常に最適な音楽再生を楽しめる

AUDIOPILOT 2は、マイクによる車室内のモニターに加えて、車速情報を利用し、中低速走行時でも、高速走行時でも状況に合わせ、より自然な音楽補正を可能にした

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ S6の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ S6のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ S6の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ S6の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ S6のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる