レクサス、CT200hを一部改良

AC100V・1500Wアクセサリーコンセントをオプション設定

CT200h“version L”(ホワイトパールクリスタルシャイン)<オプション装着車>

レクサスは、一部改良を施したCT200hを、8月23日より販売開始した。

今回、サスペンション特性の変更により、よりしなやかな乗り味を実現。

また、ボディーカラーに、新しくホワイトノーヴァガラスフレーク(“F SPORT”専用色)、プラチナムシルバーメタリックを追加し、全10色の設定となった。

さらに、AC100V電源を1500Wまで使用可能なアクセサリーコンセントをオプション設定。センターコンソールとラゲージルームにコンセントが設置されており、停電などの非常時に車両を発電機としても活用することができる。

このほか、フロントドアに撥水機能付スーパーUVカットガラスを採用、助手席4Way調整式パワーシートをCT200h“version L”に標準装備(CT200h“F SPORT”は専用本革シートにオプション)するなど、快適性が高められている。

販売価格(消費税込)

駆 動:2WD(FF) / ハイブリッドシステム:リダクション機構付のTHS II

■CT200h 3,560,000円

■CT200h “version C” 3,760,000円

■CT200 “F SPORT” 4,060,000円

■CT200 “version L” 4,330,000円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト那須

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

レクサス CTの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス CTのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス CTの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス CTの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス CTのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる