モータースポーツシーンで活躍するスバルブルーを愛車にもまとわせたい! スバルブルーがスバルファンから愛されるワケ

  • 筆者: 井元 貴幸
  • カメラマン:山本 晋也/SUBARU
画像ギャラリーはこちら
スバルのイメージカラーといえば、青であることはスバルファンでなくともご存じの方は多いと思う。

特に人気なのがWRブルーパールだが、それ以外の青系の色も選ばれている。一体なぜなのだろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. スバル=ブルーのイメージが強い
  2. ボディカラーはサーキットを颯爽と駆け抜けるマシンと愛車の共通点になる!
  3. ワークスマシンやグッズなどにも多く青色が用いられている

スバル=ブルーのイメージが強い

スバル WRXやスバル BRZといったスポーツモデルはもちろん、他のモデルでもSTI Sportといったスポーツグレードや特別仕様車には専用色としてWRブルーパールというボディカラーが設定されており、スバル車の中でも特別な色としての印象が強い。

他のカラーも選べるものの、これらのモデルではブルーをチョイスするオーナーは多く、ファンからも愛されている印象だ。ほかにもWRブルーの設定がないモデルでも、スバル=ブルーというイメージが強く、青系のボディカラーを選択するユーザーは多い。

ボディカラーはサーキットを颯爽と駆け抜けるマシンと愛車の共通点になる!

このイメージカラーであるブルーはなぜ人気なのか?

それは熱狂的なファンであれば、ワークス参戦しているモータースポーツを応援するのはスバルに限らずほかのメーカーでも同じことだが、やはりレースマシンと同じボディカラーを纏うことで、颯爽とサーキットやラリーフィールドを駆け抜けるマシンと愛車がオーバーラップするからではないだろうか。

現行のスポーツモデルやSTI Sportなどに採用されているブルーにはWRという名前が入ることからも、WRCに参戦していた時代のワークスマシンのカラーリングを想起させる。ワールドチャンピオンに輝いた栄光あるカラーリングは時代とともに少しずつ変化しながらも、SUPER GTやニュルブルクリンク24時間レースの参戦車両でも採用される由緒正しいカラーとして、WRC時代を知らない若いスバルファンからも人気だ。

ワークスマシンやグッズなどにも多く青色が用いられている

モータースポーツファンからも、ニュルブルクリンク24時間レースのクラス優勝やSUPER GTのシリーズチャンピオンと、スバルの強さをイメージさせてくれるカラーとしてブルーのイメージは強い。WRCでの活躍を知るスバルファンにとって思い入れの深い色であると同時に現代のモータースポーツシーンでもサーキットで戦うスバルのワークスマシンと同じ色のクルマに乗ることができるのも魅力の一つといえるだろう。

また、クルマだけでなくチームウェアやグッズ類もスバルブルーのものは多く販売されており、ファンはチームとの一体感、応援する熱意をその色で表現しているといえる。

もちろん、そのイメージが根強くアクセサリーやファッションまでも迷ったら青を選んでしまう筆者のような筋金入りのスバルマニアはSNS上ではちょっと避けられがちだが、スバルブルーのもつ高貴な印象やファンの想い、スバルチームとの一体感は是非大切にしてほしいと感じる。

【筆者:井元 貴幸】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

井元 貴幸
筆者井元 貴幸

1973年東京生まれ。幼少期からクルマ好きで中学生の時にテレビのドキュメンタリー番組で見たレガシィ 10万キロ世界速度記録に感動し、以来スバルへ憧れ続け、95年に3台目の愛車として待望の2代目レガシィツーリングワゴンを購入。以来3代目、4代目、5代目と乗り継ぎ、現愛車の初代レヴォーグになるまでスバル一筋。電気通信関係の仕事からまるで畑違いの自動車ライターへ転身。本サイトでも活躍中のマリオ高野氏と同じ歳のスバルオタクコンビとして様々なメディアでコンビを組む。2017年.18年にはスバル公式のモータースポーツ応援プロジェクトリーダーとしてファンからも支持されている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバルの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバルの記事一覧 スバルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる