【2022年最新】キャンプにおすすめの調味料入れ・スパイスボックス20選|キャンプでの料理を楽しもう

画像ギャラリーはこちら
キャンプ・アウトドアで料理をするには、調味料は必須! 家庭用の調味料をそのまま持っていくとかさばるので、キャンプ用にコンパクトで頑丈な調味料入れを用意するのがおすすめです。今回は、キャンプ用の調味料入れの選び方、おすすめ調味料入れを紹介!
目次[開く][閉じる]
  1. キャンプ用の調味料入れ(ボトル)の選び方
  2. キャンプ用の調味料入れ(ボトル)おすすめ10選
  3. 持ち運びが楽になる「スパイスボックス」がおすすめ!
  4. キャンプ用スパイスボックスの選び方
  5. キャンプ用スパイスボックスのおすすめ10選
  6. 調味料の保存方法には注意
  7. キャンプ場へ調味料を持っていく時の豆知識
  8. まとめ

キャンプ用の調味料入れ(ボトル)の選び方

まずは、キャンプ用の調味料入れを選ぶ際に知っておきたいポイントを5つご紹介します。

液漏れ・中身の飛び出しなく運べるか

密閉性が高く、中に入れた調味料が漏れないことは、キャンプ・アウトドア用の調味料入れを選ぶ上で最重要ポイント。中身が漏れると周りのものが汚れてしまいますし、虫などが寄り付く原因にもなります。

液体を入れる場合はキャップの構造、粉末を入れる場合は開け閉めの方法や、振りかける際に量を調節しやすいかどうかなどをチェックしましょう。

容器が破損しにくいか

密閉性のほかに、容器自体の丈夫さもアウトドア用調味料入れの大切なポイントです。割れたりヒビが入らないよう、頑丈なプラスチックやステンレス、割れないシリコン素材などを選びましょう。

陶器やガラスの調味料入れはおしゃれですが、キャンプにはあまり向きません。もしどうしても持っていく場合は、クッション性の高いケースで包むなどの工夫が必要です。

中身が分かりやすいか

透明ボトルやラベル付きの商品など、中身がわかりやすいと、キャンプでもスムーズに調理ができます。絶対必須の機能というわけではありませんが、配慮してある商品だと便利でしょう。

塩と砂糖を見分けやすいように岩塩や黒砂糖を使うなど、自分でできる工夫もありますよ。

コンパクトかつ必要に応じたサイズか

キャンプ・アウトドアで2〜3食のみ調理する分には、あまり大きな調味料入れは必要ありません。自分が作りたいものや人数を考えて、必要十分なサイズを検討しましょう。

また、容量だけではなく、重ねてロックできたり、空になったらスタッキングできるなど、収納時のコンパクトさも重要です。

おしゃれなデザインのボトル

おしゃれなデザインも、意外と重要なポイント。機能性は良くても、いまいち気に入らない見た目の商品だと気分が上がらず、いつの間にか使わなくなってしまうこともあります。

あまり頻繁に買い換えるものではないので、デザインにもこだわって愛用できる商品を選びましょう。

キャンプ用の調味料入れ(ボトル)おすすめ10選

ここでは、キャンプ用におすすめの調味料入れを10選ご紹介します。

ナルゲン 広口丸形ボトル

漏れにくい独自キャップを採用した、小分け用のボトルです。用途はアウトドア用調味料入れとは限らず、研究所からキッチンまで幅広く愛用されている定番商品です。

ご紹介しているのは容量60mlのタイプで、大さじ3〜4杯の調味料が入ります。他にも様々なサイズがあるので、用途に合わせて使い分けましょう。

ナルゲン 広口丸形ボトル
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)385
楽天販売価格(2022年3月10日時点)385

ゴースタック ブレンダーボトル

蓋と底面がネジで留められるようになっていて、スタッキングできる調味料入れです。口が広いので、調味料を入れるときにこぼしにくいのがポイント。耐久性の高いプラスチック素材なので、割れる心配が少なく安心です。

サイズは100cc×2、150cc×2、40cc×4の3種類があり、用途に合わせて使い分けられます。違うサイズ同士でも、スタッキング可能です。

ゴースタック ブレンダーボトル
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,375
楽天販売価格(2022年3月10日時点)1,650

山崎実業 マグネット小麦粉&スパイスボトル

スタイリッシュな縦型の調味料入れです。粉末系の調味料用で、2種類の振り出し口なので、必要な量を調節しやすいのがポイント。

マグネットで貼り付けられるので、アウトドアだけではなく自宅のキッチン用にもおすすめです。砂糖・塩入れやスパイスボトルなど、同デザインの関連商品がバラエティ豊富なので、合わせて使うと雰囲気を統一できます。

山崎実業 マグネット小麦粉&スパイスボトル
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)770
楽天販売価格(2022年3月10日時点)770

MSR ソルト&ペッパーシェイカー

ライターくらいのサイズの、コンパクトなアウトドア用調味料入れです。ソルト&ペッパーシェイカーという商品名の通り、塩・胡椒など粉末系かつ、量が少なくていい調味料の持ち運びに向いています。

上下に分かれているので、2種類の調味料を入れることができるのも便利なポイント。小型で軽量な調味料入れが欲しい人におすすめです。

MSR ソルト&ペッパーシェイカー
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)880
楽天販売価格(2022年3月10日時点)990

Ounas 調味料ポット

ボトルが9個セットになっていて、一度に様々な調味料を持ち運べる商品です。ちなみにワンサイズ小さい4本セットも販売されています。

ガラス製ボトルなので持ち運びには注意が必要ですが、折りたたみケースがついているため、ある程度の衝撃には耐えることができます。様々な調味料を使ってアウトドア料理に凝りたい人、おしゃれなデザインにこだわりたい人におすすめです。

Ounas 調味料ポット
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)2,800
楽天販売価格(2022年3月10日時点)3,480

エバニュー 広口ポリ丸ボトル

シンプルかつ安価な調味料入れです。蓋がしっかり閉まるので液体系の調味料にぴったりで、他には液体燃料や化粧水などの持ち運びにも向いています。

素材は丈夫で軽量なポリエチレンなので、アウトドアにも安心して持っていくことが可能です。容量は200mlですが、サイドに25mlきざみの目盛りがついているので内容量がわかりやすいです。ちなみに、半分の100mlサイズも販売されています。

エバニュー 広口ポリ丸ボトル
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)307
楽天販売価格(2022年3月10日時点)385

ロゴス 携帯オアシス・トラベルボトル100

100mlの容量が入るステンレスボトルです。水筒として使える商品なので中身が漏れにくく、密閉性の高い調味料入れが欲しい人におすすめ。液体系の調味料の持ち運びに適しています。

ホワイトとブラックの2本で1セットなので、調味料の種類も見分けやすいです。水筒や調味料入れの他に、薬やサプリ入れ、小物入れとしてなど、様々な使い方が可能。機内持ち込みできるサイズなので、飛行機での移動が多い人にもぴったりです。

ロゴス 携帯オアシス・トラベルボトル100
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)2,700
楽天販売価格(2022年3月10日時点)2,700

スパイス瓶 ガラスビン.com スパイスボトル

39.5mlのミニサイズのガラス瓶10本セットです。振り出し穴が1つのタイプと6つのタイプがあるので、中身によって使い分けましょう。レビューには、様々な粉末調味料やスパイスを、サイズを統一して持ち運べるのが便利という声がありました。

ガラス製なので、持ち運び時には割れないように工夫が必要ですが、同サイズの調味料入れをまとめて購入したい人におすすめです。

スパイス瓶 ガラスビン.com スパイスボトル
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)2,400
楽天販売価格(2022年3月10日時点)4,156

プロスタック ブレンダーボトル

ねじ式でスタッキングできる調味料入れです。サイズは100cc、150cc、250ccの3個セット。広口なので調味料を移し替えるときにこぼれにくく、スプーンなどで掬って入れる調味料の持ち運びにも適しています。

別売のブレンダーボトルなど、プロスタックシリーズの他商品ともスタッキングできるため、ニーズに合わせてパーツを集められるのが便利です。

プロスタック ブレンダーボトル
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,210

viugreum アスパイスボックス

液体用ボトル3本とマルチケース4つ、それぞれの専用ケースがセットになった商品です。それぞれ大きめで大容量なので、大人数でのキャンプにおすすめ。マルチケースは小さめのお弁当箱やタッパーとしても使えるので、ピクニックなどにもぴったりです。

また、9点セットで1,000円台前半というコスパの良さも魅力の商品です。

viugreum アスパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,453

持ち運びが楽になる「スパイスボックス」がおすすめ!

スパイスボックスは、調味料を入れたボトルなどをまとめて持ち運ぶためのアイテムです。複数の調味料をまとめられるので持ち運びが楽になるほか、素材のクッション性によりボトルを保護できるというメリットもあります。

キャンプ用スパイスボックスの選び方

キャンプ・アウトドア用のスパイスボックスを選ぶ時には、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

クッション性があるか

アウトドア用スパイスボックスは、布製か木製のものが主流です。木製のスパイスボックスはお洒落ですが、クッション性があまりなく、ボトルなどがぶつかって割れてしまう可能性があります。

調味料入れの保護を重視するなら、布製かつ、中にクッション素材が入った商品がおすすめです。

収納・整理整頓のしやすさ

スパイスボックスの仕切りの数や分かれ方は、商品によってまちまちです。自分が使っている調味料入れの大きさや数に合わせて、整理整頓しやすそうなスパイスボックスを選びましょう。

おしゃれなデザインを選ぶのもあり

スパイスボックスは、単体の調味料入れより大きくて見えやすいものです。そのため、もちろん機能性も大事ですが、見た目の好みで選ぶのもあり。

木製のスパイスボックスは、置いてあるだけでキャンプサイトをお洒落に演出できますよ。

キャンプ用スパイスボックスのおすすめ10選

ここでは、おすすめのキャンプ用スパイスボックス10選をご紹介します。

YOGOTO スパイスボックス

スパイスボックスの他に、多用途なマルチケースとして使える便利な商品です。サイズが横幅32.4 x 奥行16.8 x 高さ6.8cmと大きめなので、調味料入れのほかに食材や調理器具なども一緒に持ち運ぶことができます。

ご紹介しているタイプ以外にも様々なサイズがあるため、ニーズに合ったものを選びましょう。カラー展開が15色あり、シンプルデザインからアウトドアらしい華やかな柄物まで揃っているのもポイントです。

YOGOTO スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,580
楽天販売価格(2022年3月10日時点)2,261

ナフロ 小さな スパイスボックス ミニマル野郎

商品名の通り、コンパクトでソロキャンプや少人数キャンプにおすすめのスパイスボックスです。底面のサイズは18 x 13cmで、スマホを二つ並べて置いたくらいのサイズ。

小さめの調味料ボトルが10個くらい入ります。仕切りがないので自由な使い方ができ、メスティンやカメラ、旅行用アメニティなどの収納にも使えます。

カラーはオリーブとアースの2種類で、ナチュラルなカラーでアウトドア用品を揃えている人におすすめです。

ナフロ 小さな スパイスボックス ミニマル野郎
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,480
楽天販売価格(2022年3月10日時点)1,332

コールマン スパイスボックス

高さに前後差があり、背の高い調味料入れもしまえるスパイスボックスです。手前から奥に向かって高さ順に並べられるので、中身を把握しやすいのが便利なポイント。

内部には仕切りとクッション材が入っていて、割れやすい調味料入れでも持ち運びが安心です。サイドポケットや蓋の裏のメッシュポケットなど、小物をしまえる場所があるのも便利ですね。

コールマンのインディゴレーベルには同カラーのケースやリュックが揃っているので、他のアウトドアアイテムと雰囲気を統一できます。

コールマン スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)6,980
楽天販売価格(2022年3月10日時点)2,490

FIELDOOR 木製スパイスボックス

木製のクラシカルなスパイスボックスです。サイズはSとMの2種類があり、キャンプの人数や必要な調味料の種類によって選びましょう。

Mサイズはアルミホイルやカトラリーなども入る大きさなので、調味料以外の調理用品もまとめて持ち運べるのが便利です。重さは2.9kgと重めで、大きさもかさばるので、持ち運びやすさより見た目重視の人におすすめです。

FIELDOOR 木製スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)4,800
楽天販売価格(2022年3月10日時点)3,520

sotoego 調味料入れ コットン

コットン素材のナチュラルなスパイスボックスです。蓋がフラップタイプで完全に開くので、中身を取り出しやすいのがポイント。

アウトドアファンに人気のBBQスパイス「ほりにし」や「マキシマム」といった調味料もぴったり入るサイズです。前面と背面にはプラスチック板入りで、中身がなくても自立します。

底板は取り外しが可能なので、使わない時はコンパクトに収納可能です。高い機能性とシンプルなデザインで、2,000円以下というコスパの良さも魅力的なおすすめ商品です。

sotoego 調味料入れ コットン
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,980
楽天販売価格(2022年3月10日時点)4,468

Fieekty スパイスボックス

横長サイズで、調理器具やカトラリー、ガスバーナーなどもしまいやすいスパイスボックスです。高さは13cmで低めなので、小さめの調味料入れや、横向きにしてもこぼれない調味料入れを使っている人におすすめ。

蓋裏やサイドにはポケットがあり、細々したものも収納可能。レビューによればクッション性もある程度あるとのことで、割れ物も持ち運びできます。1,000円以下という価格の安さもポイントです。

Fieekty スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)999
楽天販売価格(2022年3月10日時点)2,246

sotoego キャンプ用 スパイスボックス

背面の高さが21cmあり、背の高い調味料入れもしまえるスパイスボックスです。調味料だけではなく、500サイズのガス缶も入ります。

中の間仕切りは自由に動かすことができ、様々な使い方が考えられます。底板付きで、しっかり自立するので、中身が少なくても使いやすいのもポイント。サイド、蓋裏にはポケットもついています。

カラーはブラック、カーキ、ブラウンの3色展開です。

sotoego キャンプ用 スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,980
楽天販売価格(2022年3月10日時点)4,215

キャンプスタイル スパイスボックス

カトラリーや調理器具もしまいやすい、横長タイプのスパイスボックスです。高さは12cmで低いので、合わせて使う調味料入れは横にしてもこぼれないタイプがおすすめ。

ハンドルがトップとサイドの2箇所についているので、様々な向きで持ち運べるのが便利です。カラー展開は12色あり、周りのアウトドアギアに合わせて選ぶことができます。

キャンプスタイル スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,099
楽天販売価格(2022年3月10日時点)2,348

Tumecos スパイスボックス

小型ボトル用の仕切りが付属したスパイスボックスです。小さな瓶を並べて収納できるので、様々な調味料をまとめて持ち運びたい人におすすめ。

全面にクッション材が入っているので、割れやすいボトルも安心して収納できます。カラーは7色展開で、どれもアウトドアツールらしいフォークロア調の柄がポイントです。

Tumecos スパイスボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)1,360
楽天販売価格(2022年3月10日時点)2,704

アソビト ツールボックス

底面が20 x 14cmのコンパクトなスパイスボックスです。アウトドア用のスパイスボックス以外に、日常的にお弁当用バッグとしても使えるサイズ感なのが便利。

また、防水帆布を使用しているため、水や汚れに強いのもポイントです。使い込むほど味が出る素材なので、ハードなアウトドアシーンにもおすすめです。

アソビト ツールボックス
Amazon販売価格(2022年3月10日時点)3,520
楽天販売価格(2022年3月10日時点)4,648

調味料の保存方法には注意

砂糖、塩、顆粒だしなど粉末の調味料は、保存時は湿気に注意。水分を吸収するお米やシリカゲルと一緒にしまっておくと、長くサラサラに保てます。

醤油、酢など液体系の調味料は、基本的に冷蔵庫保存がおすすめ。また、なるべく空気に触れないようにすると、酸化を防げるため劣化しにくいです。

どの調味料も共通で、たまにしか使わないキャンプ用の調味料入れに入れっぱなしではなく、出発直前に小分けにするのがおすすめです。

キャンプ場へ調味料を持っていく時の豆知識

数泊のキャンプやアウトドアには、そもそも大量の調味料は必要ありません。なるべく小さい容量のものを入手して、現地で使い切ってしまうのもおすすめです。

通常より小さなサイズの調味料は、以下のようなシーンで入手できます。

・100均のミニ調味料

・テイクアウト用調味料を取っておく

また、調味料を小分けするときには「ストローパッキング」もおすすめ。ストローパッキングは、以下の手順で行います。

1. ストロー、ラジオペンチ、ライターを用意(ストローは通常より太い「ビッグストロー」がおすすめ)

2. ストローの片端を1mmくらいあけてラジオペンチで挟む

3. ペンチからはみ出た部分をライターで炙り、溶かしてくっつける

4. 冷まして密着したかどうかチェック

5. 調味料を中に入れる

6. 逆側の端も、同じようにペンチとライターで閉じる

ストローパッキングはコンパクトかつ軽量で、現地ではストローをハサミで切るだけで使えます。作る料理が決まっている場合は、あらかじめレシピを調べ、計量してからストローパッキングしておくと便利です。

まとめ

キャンプ・アウトドアシーンの調味料入れは、密封性と頑丈さが大切。ただ、それだけではなく使い勝手やデザインにもこだわって、長く愛用できるアイテムを選びましょう。

様々な調味料入れをまとめて持ち運ぶために、スパイスボックスを用意するのもおすすめです。

[筆者:山本]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

山本
筆者山本

ソロキャンプデビューに憧れる30代のウェブライター。キャンプ経験はほぼゼロの初心者ですが、歩くことが好きなので徒歩キャンプに興味あり。一人で持ち運べる軽量キャンプギアに注目しています。趣味はスパイスカレー作り。いつか焚き火でナンを焼きたい。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる