値下がりしにくいクルマの3つの特徴! ポイントは人気とスポーツカーと限定車だ!

画像ギャラリーはこちら
クルマを購入するときに売ることを考えて購入するというのはナンセンス。本当に自分が欲しいと思ったクルマを購入すればいい、というのはまさにおっしゃる通り。とは言いつつも、最終的に手放すときに高く売れた方がいいというのもまた正直な気持ちではないだろうか?

もちろん高く売れるからと言って、全く欲しくもないクルマを買うのはオススメできないが、AとBという2つの車種で悩んでいるときに、最後に手放すときにより高く売れる可能性が高い方を選ぶというのは建設的な選び方と言える。

そこで今回は値下がりしにくいクルマの特徴をピックアップ。クルマの購入を考えている人は参考にしていただければ幸いである。

目次[開く][閉じる]
  1. 安定的に人気が高いモデルは狙い目!
  2. 絶対数が少ないスポーツカーも価格が下がりにくい
  3. 最も値下がりしにくいのは人気モデルの限定車!

安定的に人気が高いモデルは狙い目!

値段が下がらないために一番重要なのは、そのクルマに対する需要が常に高い状態となっているかどうか。例えば、すでに登場から17年が経過したトヨタの200系ハイエースなどは、日本国内はもとより、海外でも高い需要があるために一向に値段が下がらず、過走行や低年式車でもそれなりの価格で取引されている。

待望の新型が登場したトヨタ ランドクルーザーも、現在は納期が数年かかるという点もあってプレミア価格で取引されるのは間違いないが、今後安定して供給がなされるようになったとしても海外での需要も高いことから、大きく値崩れすることはなさそうだ。

絶対数が少ないスポーツカーも価格が下がりにくい

また、最近では数が少なくなってしまったスポーツカーなども一定以上の需要があるため、よほど状態が悪くない限りは高値で取引されているのはご存知の通りだろう。

ただし需要が高いと言っても、トヨタ プリウスやトヨタ アクアのようにすでに市場に一定数以上の中古車が流通している車両の場合は、そこまで高値をキープしないという点は注意が必要だ。

つまり需要と供給のバランスが大切であり、市場に流通している台数よりも欲しいと思う人が多ければ、場合によってはプレミア価格となる可能性すらあるというワケだ。

最近のケースでは、生産を終了がアナウンスされたホンダ S660に注文が殺到し、購入できなかった人が多かったためにS660の中古車価格が大きく上がったということが記憶に新しいが、これも需要と供給のバランスが大きく崩れたからこそ起きた現象と言えるだろう。

確実に需要よりも供給が下回るものとしては、限定車が挙げられる。先日発表された日産 GT-Rの「Tスペック」や、ホンダ NSXのタイプSなども間違いなく値下がりすることはないだろう。

特にスポーツカーに関しては、家庭の事情などもあって簡単に新車を購入できないユーザーも多く、中古車になってから狙おうという心理が発生するため、値崩れすることが少ないモデルと言える。

最も値下がりしにくいのは人気モデルの限定車!

つまり、確実に値下がりしにくいモデルを狙うのであれば、まずは人気の限定車。そして安定した需要があり、供給過多でないものを選ぶのが正攻法となるわけだ。

逆にモデル末期の不人気車などは後々再評価されたときに大きく価値が見いだされる可能性もあるが、そうならないことも多々あるためギャンブル性が高い。

どちらにしても、“最終的に高く売れたらラッキー”くらいの気持ちでいるのが一番。何より自分が気に入ったクルマに乗れるということは、お金には代えがたい価値を持っているのだから。

【筆者:小鮒 康一】

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる