クーペに見えるセダン!? 秀逸デザインが特徴だったダイハツ DNコンパーノ

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今やダイハツといえば軽自動車というイメージが強い。だが、1963年に初の登録車コンパーノを発売するなど、登録車市場にも古くから参入していた。コンパーノはセダンやオープンなど様々な派生モデルをラインアップしており、なにより魅力はイタリアのデザインスタジオが手がけた魅惑のデザインにあった。そんなコンパーノが2017年の東京モーターショーで突如復活! 未だ発売には至っていないが、どんなクルマだったのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 蘇ったダイハツ初の乗用車コンパーノ
  2. 注目は再現されたエンブレム
  3. 歴史に残る出来事が起きた1963年
コンパーノの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

蘇ったダイハツ初の乗用車コンパーノ

1963年に発売を開始したダイハツ初の乗用車コンパーノは、ライトバン、ワゴン、ベルリーナ(2ドア/4ドア)、スパイダー、トラックと幅広いバリエーションを展開していた。

そして、2017年の第45回東京モーターショーにて、54年ぶりにDNコンパーノとしてコンパーノの名が復活。一見すると2ドアクーペに見えるが、実は4ドア4人乗りになっている。前後を貫くプレスライン、丸型をモチーフとしたヘッドライト、縦型のリアコンビランプは、1963年のコンパーノを思わせるデザインだ。

注目は再現されたエンブレム

ダイハツの乗用車第一号であるコンパーノのエンブレムは、「DAIHATSU」の文字と十字に分割されたマークが特徴。そのエンブレムは、2017年にコンセプトカーとして出品されたDNコンパーノで忠実に再現されている。また、メッキの四角いグリルも1963年当時のコンパーノを思い起こさせるエッセンスだ。

歴史に残る出来事が起きた1963年

コンセプトカーであるDNコンパーノの市販を予定していないとのことだが、そのまま市販できるほど高い完成度だと評された。

ダイハツ コンパーノが登場した1963年は、日本初の高速道路「名神高速(栗東~尼崎)」が開通し、大阪駅前に日本初の横断歩道橋が設置された年。翌1964年にはアジアで初となる東京オリンピックの開催を控え、モータリゼーションが一段と進んだ時代でもある。

折しも、2回目の東京オリンピック開催を控えた令和の今。前回の東京オリンピックの頃に現れたダイハツの名車「コンパーノ」を再び復活させるには、まさに絶好のタイミングなのではないだろうか。

【筆者:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ コンパーノの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ コンパーノのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ コンパーノの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ コンパーノの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ コンパーノのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる