ケーターハム スーパー7 ロードスポーツ200 試乗レポート/日下部保雄 編(1/2)

ケーターハム スーパー7 ロードスポーツ200 試乗レポート/日下部保雄 編
画像ギャラリーはこちら

現代まで受け継がれる伝説

ケーターハム7はロータス・スーパー7の正当なる後継者だ。

と言っても、この稀代の名車は各国で作られることになり、派生車種も多いのだが、ケーターハムはロータスが7の生産を中止した後に生産ジグその他を全て引き取って生産を再開したのだから、こう呼んでも良いのではないかと思う。

起源はロータスの創始者、コーリン・チャップマンが自分で組み立てられるキットカーとして1957年に発売したのが始まり。もともと1953年にロータス創生のときに発売したマーク6の発展型としてロータス・カーズの礎を築いたスポーツカーで、格安の価格で売られて一世を風靡したモデルだ。

ケーターハム7は約50年前のロータス7の基本デザインを守りつつ、現代まで受け継がれている。

ロータス時代もそうだったように、ケーターハムにはいくつかのバリエーションがある。

ロードスポーツ200はもっともベーシックなモデルで、その意味でもオリジナルに近いと思われる。

スポーツカーにもいろいろな種類のモデルがあるが、ケーターハムは決して流麗で隣に女性を乗せたくなるようなスポーツカーではない。むしろ隣に乗せようものなら速攻振られる類のモデルだ。

まさにバンカラそのもので、運転に生きがいを感じられるようなスポーツカーである。

ちなみに、ウチにやってきたのは運悪く土砂降りの日だった。

オートックワンの柴田編集長自ら届けてくれたのだが、エアコンはおろか(もちろんない)、デフロスタもまともに効かない状態だったので、さぞ視界確保に大変だったろうと思う。

しかし、大柄な柴田さんは何故か嬉しそうにケーターハムから降りてキーを渡してくれた。

ヤッパリ嬉しいんだ、こういうクルマ。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
日下部 保雄
筆者日下部 保雄

大学卒業後、モータージャーナリズムの世界へ入り、自動車専門誌をはじめ各媒体に新車の試乗レポートやコラムを寄稿。最近では、雑誌媒体のほかにFMラジオやインターネット自動車情報サイトでも活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ケータハムの最新自動車ニュース/記事

ケータハムのカタログ情報 ケータハムの中古車検索 ケータハムの記事一覧 ケータハムのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる