autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーチン ヴァンテージ 試乗レポート

試乗レポート 2007/2/19 15:13

アストンマーチン ヴァンテージ 試乗レポート(1/3)

アストンマーチン ヴァンテージ 試乗レポート

日本で乗れる日をいかに待ち焦がれていたか!

アストンマーチンは英国を代表するスーパースポーツカーブランド。クラフトマンシップに支えられて、過去90年に渡り、常に英国車ならではの香りに満ちたスポーツカー作りをしてきた。その間、幾多の困難を乗り越えて、現在はフォード傘下で活況を呈している。DB7、DB9、ヴァンキッシュ、そしてV8ヴァンテージが現在のラインアップだ。特にV8ヴァンテージはポルシェ 911と共通のレンジにあるライバルとして発表され、世界から熱い注目を集めて昨年、日本にも導入された。

クラフトマンシップは製品へのモノヅクリのこだわりを象徴する言葉としてよく使われるが、アストンマーチンの場合は文字通り職人がシャシーからボディ、トランスミッション、エンジンに至るまで自ら手で組み立てている。ちょっとクルマを見ただけでそのこだわりが熱く伝わってくる。

ボンドカーとして有名なアストンは、ちょっとコミカルなスパイカーの印象が強いが、ストイックなスーパースポーツカーなのだ。エンジンはジャガーXKのV8エンジンをベースにした4.3リッターで出力は380psに達する。ジャガーXKの場合は4.2リッターで304psだから大幅なチューニングがなされているのが分かる。そして組み合わされるトランスミッションは潔く6速のマニュアルのみ、しかも重量配分を改善するために後輪の上にマウントするトランスアクスル方式を採用するというこだわりようだ。

ボディ、シャシーはアルミだが、一部をボディの造詣の関係でスチールとのハイブリット構造としている。ここにも作りやすさよりもデザインを優先するというモノヅクリのこだわりが感じられる。

まだベイビーアストンと噂されていた頃のV8ヴァンテージを最初に見たのは数年前のデトロイトモーターショーのプレスデイだった。ご存知のようにモーターショーには様々なメーカーがコンセプトカーを提案しており、大抵のことでは目移りしないものだが、このときばかりは違った。デトロイトショーのプレスデイでは、まだ搬入中のクルマが多くあり、ベビーアストンもその一台だったが、アイドリングしながらスタッフに押されてディスプレイ・スペースに着くメタル色に鈍く光るアストンは、何度も見に行ってもドキドキするような感動を与えてくれた。

それから数年、日本で乗れる日をいかに待ち焦がれていたか!やっとその日が来たのである。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アストンマーティン ヴァンテージ の関連編集記事

アストンマーティン ヴァンテージの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン ヴァンテージ の関連編集記事をもっと見る

アストンマーティン ヴァンテージ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR