2台で5500万円超!? アストンマーティンの超ラグジュアリーカーを発見!【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
第46回東京モーターショー2019の南展示棟では、アストンマーティンのVANTAGE(ヴァンテージ)とDBSスーパーレッジェーラが展示された。同社は映画007でジェームズ・ボンドが乗る”ボンドカー”のメーカーとしても有名だが、今回は2台で5500万円を超えるスーパーカーを画像とともにご紹介する。

>>イギリス国旗のモチーフもおしゃれ! アストンマーティンの2台を画像で見る(14枚)

贅沢な英国のスーパーカー2台がお目見え

南展示棟の日本スーパーカー協会エリアにて、イギリスのラグジュアリースポーツカーメーカー「アストンマーティン」のブースを発見。

そこに展示されていたのは、4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「VANTAGE(ヴァンテージ)」と、同社の量産車として最上級のモデルである「DBSスーパーレッジェーラ」の2台だ。

ちなみに気になるお値段は、ヴァンテージが2056万8981円と記載されており、約3500万円といわれるDBSスーパーレッジェーラと合わせると5500万円を軽く超えてしまうから驚きだ。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事