autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、「アクセラ」ハイブリッド車に衝突被害軽減ブレーキを標準装備

自動車ニュース 2014/10/30 15:27

マツダ、「アクセラ」ハイブリッド車に衝突被害軽減ブレーキを標準装備

マツダ 新型アクセラハイブリッド [グレード:HYBRID-S L Package]

マツダは、エモーショナルなデザインや優れた応答性をもつ楽しい走り、先進の環境・安全性能が高く評価されている「アクセラ」において、ハイブリッド車を一部改良し11月20日に発売開始する。

今回の改良において、「アクセラ」のハイブリッド車に、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」&AT誤発進抑制制御を標準装備した。これにより安全を重視するユーザーのニーズに応える。衝突被害の回避または軽減をサポートする自動ブレーキを、ハイブリッド車の全機種に標準装備化するのは、日本メーカーでは初めてとなる。

なお、価格は2,473,200円(消費税込)~としている。

マツダ 新型アクセラハイブリッド [グレード:HYBRID-S L Package]マツダ 新型アクセラハイブリッド [グレード:HYBRID-S L Package]マツダ 新型アクセラハイブリッド [グレード:HYBRID-S L Package]マツダ 新型アクセラハイブリッド [グレード:HYBRID-S L Package]マツダ 新型アクセラハイブリッド [グレード:HYBRID-S L Package]

また、ハイブリッド車の最上級機種「HYBRID-S L Package」には、夜間の前方視界確保をサポートする「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と車線逸脱の危険をドライバーに警告する「車線逸脱警報システム(LDWS)」を標準装備した。さらに、これまでハイブリッドでは選択できなかった18インチタイヤ&アルミホイールを設定し、ハイブリッド車でもアクセラらしく、外観デザインの躍動感をさらに高めるとともに、操縦安定性を向上させた。

一部改良の概要

■ハイブリッド全機種に衝突被害の回避または軽減をサポートする自動ブレーキを標準装備

・「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」を標準装備化。

■18インチタイヤ&アルミホイールや先進安全装備、その他快適装備を追加

・215/45R18 89Wタイヤ&18×7Jインチアルミホイールを標準装備化[「HYBRID-S L Package」]、およびメーカーセットオプションとして新設[「HYBRID-S」]

・「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と「車線逸脱警報システム(LDWS)」を標準装備化[「HYBRID-S L Package」]、およびメーカーセットオプションとして新設[「HYBRID-S」]

・「自動防眩ルームミラー」および「クルーズコントロール」を標準装備化[「HYBRID-C」]

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24