公道走行可能な電動キックボード「eXs1(エクスワン)」が最高速度と安全性を向上! 価格は3万9900円~

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
株式会社カスタムジャパンは、次世代モビリティ事業として立ち上げた電動キックボードのブランド「eXs(エクス)」より、スタンダードタイプの電動キックボード「eXs1」のバージョンアップモデルを4月下旬(予定)より発売開始する。

同モデルは、保安基準適合(原動機付自転車第1種扱い)により公道走行可能なほか、軽量で折り畳むことができて電車やバスに持ち込み可能、そして価格は3万9900円(税別)と魅力満載。次世代の新しい移動手段として注目の電動キックボードだ。

ラストワンマイルを解決する公道走行可能の次世代モビリティー

「ノル人をツクる」をコンセプトに、日本全国に向けてモーターパーツの販売事業を中心に展開する株式会社カスタムジャパンは、次世代モビリティ事業として電動キックボードのブランド「eXs(エクス)」を設立。

昨年12月より既存のバイクや自転車に代わるセカンドバイク&セカンドサイクルとして、高いコストパフォーマンスや品質保証6ヶ月を実現した電動キックボード「eXs1(スタンダードタイプ)」「eXs2(オフロード走行も可能なアドベンチャー仕様)」の販売を行っていた。

両モデルは、ラストワンマイルやバイク駐車場問題を解決し、マイクロツーリズムで使える利便性に優れたマイクロモビリティとして、カスタムジャパンがこれまでバイクパーツの商品を開発してきたノウハウをフィードバックした電動キックボード。保安基準にも適合(原動機付自転車第1種扱い)しており、公道走行が可能となっている。

そして2021年4月下旬からは、スタンダードタイプのキックボード「eXs1」のバージョンアップモデルを発売する。

電動キックボード「eXs1」の特徴

電動キックボード「eXs1」は、折り畳むことでコンパクトになり、軽量のため電車やバスに持ち込みが可能。またストリートシーンでもカジュアルに映えるスマートなデザインを採用している。通勤はもちろんのこと、中近距離への移動、車で移動した先での移動手段といった使い方もできる1台あれば便利な電動キックボードだ。

<その他の主な特徴>

・リヤディスクブレーキで安心の制動力を確保

・リヤサスペンション装備で衝撃を吸収し、上質な乗り心地を提供

・ヘッドランプ、テールランプ、ナンバー灯にLED 採用

・折り畳みはレバー1 つで簡単に操作可能

・6ヶ月保証

※【eXs1(エクスワン)】の移動に便利な専用バッグ開発中。

公道走行時の最高速度を向上するとともに安全性への配慮を実施

2021年4月下旬には、公道走行時の最高速度を向上させ、より安全性に配慮したバージョンアップモデルを発売予定。

<バージョンアップ内容>

・フロントおよびリヤウインカーを装備

・フロントのウインカーはグリップエンドタイプを採用。前方からだけでなく横からの視認性向上にも配慮

・ウインカーの装備により最高速度を20km/h から25km/h へ向上

・価格は従来モデルから据え置きとなる3万9900円(税別)

スペック

サイズ:展開時/長さ1080mm×幅480mm(ハンドル幅)×高さ1310mm(ミラー含む)、折り畳み時/長さ1080mm×幅480mm(ハンドル幅)×高さ480mm、タイヤサイズ:8.5インチ、充電所要時間:約3~5時間、走行可能距離:18 ~25km、モーター定格出力:350W、搭載バッテリー:36V7.5AH、重量:14kg、最大荷重:120kg、走行モード:2 段階切り替え、登坂能力:最大勾配15 度、ブレーキ:前輪(電子ブレーキ)/後輪(ディスクブレーキ)

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる