電気自動車が「電欠」になった時にどうする? やるべき事・やってはいけない事とは

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
電気・モーターの力を原動力とするEV(電気自動車)に乗っている、次はEVもいいかなと思っている人も増えてきていますね。近年では充電施設も増え、1充電で走れる距離も伸びており、遠方へのお出かけにも安心して使えるようになりました。

そんなEVでのお出かけ中、もしEVの駆動用バッテリーの残量がなくなってしまう「電欠」となってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか? また、その際にやってはいけない事とは? そんな不安を覚える人のために、調べてみました。

普段はガゾリン車しか乗らないという人も、今後はレンタカーなどで乗る機会もあるはずです。救援を受けても走行不能を避けるためにも、知っておいても損はないはず!

電欠の際にはどうしたらいいのか

EVには通常、クルマの走行用モーターに電力を供給する「モーター駆動用バッテリー」とガソリン車と同じ「補器類用バッテリー」を備えています。

補器類用バッテリーが上がった場合は、救援車から電気の供給を受けるジャンピングスタートの方法で対応できます。ただし、モーター駆動用バッテリーの残量がなくなってしまった場合に同様にはいきません。

JAF(日本自動車連盟)によると『モーター駆動用バッテリーが上がってしまった場合ですが、こちらは電圧がとても高く、ユーザーが触れると危険な部分もあります』とのこと。

むやみに触らずメーカーのサポートプログラムに電話をするか、JAFなどのロードサービスを利用するのが安全で確実です。自動車保険に付帯しているロードサービスの多くは、EVの電欠時にレッカーを手配できるようになっています。

なぜレッカー手配なのでしょうか? ガス欠の場合は給油さえすれば、その場で走ることができます。しかし、EVの場合は充電に時間が掛かり、現場での応急対応ができません。そのためレッカーに最寄りの販売店または急速充電器の設置所まで搬送してもらい、そこで充電をするのです。

搬送してもらった先では、急速充電器のケーブルが届く位置にクルマを移動してもらえるように依頼しましょう。すぐそばに急速充電スタンドがあるのに、ケーブルが届かないとなった場合、1人でクルマを移動させるのは大変ですからね。

救援を待つ間にやるべきこと

安全な場所に停車させる

駆動用のバッテリーが切れた場合、駆動用のモーターの力でクルマを動かすことができなくなります。可能であればバッテリー残量がなくなる前に、安全な場所に停車させて救援を呼びましょう。

もし安全な場所に移動する前に走行できなくなった場合は、シフトポジションをNレンジに入れ、クルマを手で押して移動させます。

電源のポジションをオフにする

そして救援を待つ間は、アクセサリーをONにせず、電源のポジションをOFFにしましょう。駆動用バッテリーが電欠になっても、補器類用の12Vバッテリーは使用可能です。ですが、そのまま使用していると当然バッテリーが上がってしまいます。その場合、駆動用バッテリーを充電したとしてもクルマのシステムを起動できずに走ることができなくなり、補器類用バッテリーを充電するために、再度救援してもらう必要が出てきてしまいます。

いかがだったでしょうか? 充電施設や走行可能距離が伸びたとはいえ、電欠の可能性はゼロではありません。万が一、電欠をしてしまった場合は下記のように対処しましょう。

・むやみに駆動用バッテリーに触らずに、ロードサービス等を利用する

・アクセサリーをONにせず、電源のポジションをOFFにする

・安全な場所に移動させる(できない場合はシフトをNレンジに入れて、クルマを押して移動させる)

電欠となると復旧までに多くの時間が掛かります。EVでお出掛けする際は、走行可能距離の50kmを切ったら、早めに充電スタンドの利用をしましょう。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる