オーテックオーナーズグループ(AOG)湘南里帰りミーティング2015【イベントレポート・オーナーインタビュー編】(1/3)

オーテックオーナーズグループ(AOG)湘南里帰りミーティング2015【イベントレポート・オーナーインタビュー編】
2015年も快晴のなか大磯ロングビーチで開催された「AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015」 株式会社オーテックジャパン 代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)宮谷 正一氏 「#1 MOTUL AUTECH GT-R」ドライバーでスーパーGT2014・2015 2年連続チャンピオンの松田次生選手 「2015 nismo AUTECH Race Queen」の菅野麻友さん 画像ギャラリーはこちら

過去最多の参加者を記録した「AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015」

AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015

今年も快晴に恵まれた中、「AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015」が大磯ロングビーチにて開催されました!

オーテックはただ特別なクルマを提供するだけではなく、楽しいカーライフスタイルを提供する会社になるため、オーナー同士のコミュニケーションの場としてSNSを提供中で、AOG湘南里帰りミーティングはその大規模なオフ会という位置づけにあります。

オーテック車のオーナーとオーテック関係者たちが、全国へ嫁いだオーテック車の健在ぶりとその魅力を確かめ合う秋の恒例行事としてすでに定着しており、今年の参加台数は去年より44台も多い367台(申し込みは438台)!参加者も47名も多い691名と過去最多記録を更新しました。

まず、株式会社オーテックジャパンとニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(以下、ニスモ)の社長を兼任する宮谷正一氏の挨拶から始まり、イベントの6日前にスーパーGT最終戦で2位に入賞し、2年連続チャンピオンを獲得したばかりの「#1 MOTUL AUTECH GT-R」ドライバー、松田次生選手と「2015 AUTECH Race Queen」の菅野麻友さんがデイズ・ライダーに乗って登場!

見事な2連覇を達成した松田選手をオーテックファンの皆さんが祝福しまくるという、号泣必至の壮絶シーンが展開されたのでありました!

フリータイムでは松田選手や菅野麻友さんと一緒に写真を撮ったり会話したり、サインをもらったり愛車を褒めてもらったりなど、ファンにとってはまさに夢のようなひとときが今年も実現したのです!

AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015

オーテックが手掛けた新型車もズラリ

AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015エクストレイル「モード・プレミア」

新型車の展示ブースでは、10月22日に発売されたばかりのデイズ・ライダーや12月24日発売予定のデイズ・ボレロをはじめ、シルフィ Sツーリングやエクストレイル・モードプレミアなど、一般的なディーラーショールームなどではなかなか目にする機会のないオーテック車がズラリ!

そして、来年発売される予定のオーテックジャパン創立30周年記念車プロジェクトについての情報をいち早く公開!

マーチベースの壮絶に痛快なホットモデルのティザー画像も、一般に先駆けて公開されたのでした。

オーテックジャパン、創立30周年記念車プロジェクトのティザー写真公開 [自動車ニュース]

マニアックな解説が楽しめる各ブースのプレゼンテーション

AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015AUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015

他にも、毎年好評のブースとして「ワクワクモータース」「エンジン開発体験ブース」「車両開発実験部ブース」「ライフケアビークルブース」「ラジコンコーナー」「縁日コーナー」が催されましたが、特筆すべきは「エンジン開発体験ブース」で実施されたプレゼンテーション!

ここではオーテックのエンジニア氏による「オーテック流・電気自動車チューニングについて」や「30周年記念車エンジン開発内容について」の講義が行われ、マニアならいつまででも聞いていたくなるマニアックな解説が楽しめたのでした。

オーテック創立30周年となる来年は、さらなる内容の充実がはかられることは間違いないので、参加したい人は新車でも中古車でもいいからオーテック車を手に入れてください!

もちろん、オーテック車オーナーのお友達として見学することもOKです!

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
マリオ 高野
筆者マリオ 高野

1973年大阪生まれ。免許取得後にクルマの楽しさに目覚め、ヴィヴィオとインプレッサWRXを立て続けに新車で購入。弱冠ハタチでクルマローン地獄に陥るも、クルマへの愛情や関心は深まるばかりとなり、ホンダの新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、ダイハツ期間工(アンダーボディ組立て)などを経験。2001年に自動車雑誌の編集部員を目指し上京。新車情報誌やアメ車雑誌の編集部員を経てフリーライターとなる。編集プロダクション「フォッケウルフ」での階級は「二等兵」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる