autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フィアット 500C、60周年記念モデルを限定販売

自動車ニュース 2018/6/1 14:26

フィアット 500C、60周年記念モデルを限定販売

フィアット 500C 60th
フィアット 500C 60thフィアット 500C 60thフィアット 500C 60thフィアット 500C 60th画像ギャラリーはこちら

FCAジャパンは、フィアット 500Cの限定車「500C 60th(シックスティース)」を、2018年5月21日より50台限定で販売した。価格(消費税込)は284万400円となる。

Nuova 500の誕生60周年を記念した500C 60thは、1.2 ラウンジをベースとし、限定車ならではの特別な2トーンボディカラー「ビコローレ」を採用。車体の上下を異なる色で塗り分けたビコローレは、Nuova 500が誕生した1957年以前からフィアットが採用していた伝統的なカラースキームで、アイボリーとアイスホワイトを組み合わせ、歴史あるビコローレをモダンなタッチで再現した。

さらにエンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイールといったエクステリアパーツや、往年のFIATエンブレムをモチーフとしたFIATビンテージロゴ、「60」の文字をあしらったBピラーの60thロゴなど、伝統と遊び心が融合したチンクエチェントらしい表現が用いられている。

インテリアはアイボリーを基調に、鮮やかなボルドーが随所に散りばめられている。上品さが漂うアイボリーのレザーシートにボルドーのパイピングがアクセントとして取り入れられているほか、大胆なボルドーのダッシュボード、ボルドー/ブラックのフロアマットなど限定車ならではのカラーリングによりビンテージとモダンが調和した仕立てが特徴である。さらに様々な情報を鮮明なカラー液晶パネルに表示するTFTメータークラスターも特別装備している。

歴代モデルから引用した特別なカラースキームや専用装備により、特別感が演出された500C 60th。1950年代にNuova 500が移動の喜びを世間に広く伝えたように、500C 60thも乗る人や一緒にいる人を高揚させるイタリアらしさに溢れた1台に仕上がっている。

1957年に誕生したチンクエチェント「Nuova 500」は、当時はまだ夢のような存在だった自動車を人々の身近な存在にし、イタリアの国民車として親しまれた。その人気はヨーロッパ中に広まり、1975年に生産が終了するまでに367万台以上が出荷された。なお車体は屋根を開けて走ることができるキャンバストップを採用しており、その特徴は現代の500Cに受け継がれている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フィアット 500C の関連編集記事

フィアット 500Cの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500C の関連編集記事をもっと見る

フィアット 500C の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR