東日本大震災がキッカケで発案! 三菱EVの外部給電機能が生まれた訳とは!?[3.11から10年 ~今、クルマで出来ること~]

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
電気自動車が世界的に注目されているいま、普及に至るまでもっとも重要な鍵を握っているとされているのはクルマから外部へ電気を供給する機能だ。2011年3月11日に発生した東日本日本大震災で直面した問題を解決すべく、三菱が画期的な商品を発売したのだ。今回は三菱が発案した災害時の味方となる機能をご紹介しよう!
目次[開く][閉じる]
  1. クルマから電気を供給できるのは国産EVだけ
  2. 東日本大震災の反省から外部給電機能を標準化
  3. 電動車の強みを最大限に! 三菱の心意気がステキ
アイ・ミーブの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

クルマから電気を供給できるのは国産EVだけ

クルマから自宅などの建物へ、あるいはその逆も。なんのことを話しているかと言えばV2Hのことだ。V2Hはヴィークルトゥホームの略。例えば、大容量の電気を貯めている電気自動車から自宅へ電気を供給したり、あるいは自宅のソーラーパネルでつくった電力をクルマのバッテリーに蓄電したりすることが出来る仕組みだ。

実はこれ全ての電気自動車に付いている機能ではなく、ざっくり言えば国産EVだけである。というのも、電気自動車は大きく二つの規格に分けられている。そのひとつが、国産勢で採用しているチャデモと名付けられた規格で、最大のポイントはクルマから建物など“外部”への給電に対応している点にある。

東日本大震災の反省から外部給電機能を標準化

じつは世界初の市販型電気自動車として2009年にデビューした三菱 アイミーブにはその機能が搭載されていなかった。ところが10年前の2011年3月11日に発生した東日本大震災の被害状況を目の当たりにした開発者や実際に被災された方から「クルマから電気を取り出せれば便利なのに」という声が高まったのだという。

そこで三菱は東日本大震災から1年後の2012年4月にミーブパワーボックスという商品を発売(発表は2012年3月)。アイミーブに接続すれば、これまで不可能であったクルマから建物など“外部”への給電が可能となったのだ。

震災発生からたった1年足らずで製品化が叶ったことについて、三菱自動車広報部に尋ねると「震災1年以内にどうにか市販化を! という思いで進めた」からだという。

この結果、アイミーブオーナーはもちろんのこと、ミーブボックスの発売を受けてアイミーブを導入する自治体も増えたほどだ。

電動車の強みを最大限に! 三菱の心意気がステキ

ちなみに2013年にデビューした世界初のSUVの形をしたプラグインハイブリッドモデルであるアウトランダーPHEVにもこの機能を標準装備化するなど、三菱は単にクルマとしての機能ではなく、もしもの際にも活用しやすいように設計がなされているのだ。

じつは外部給電機能を実現するためには、コストがかさむ急速充電機能と呼ばれる機能を搭載しなければならない。車両価格が上昇してしまうためにライバル車などは、あえてその機能を外したモデルも少なくない。

三菱の電動モデルに外部給電機能を搭載する理由を開発者に聞くと「電動車というだけで環境にいいモノと考えられている。だが、これからのクルマは単に環境性能だけでなく、有事の際に活躍できるような機能も担保する必要がある」と語っていた。そう、三菱は一貫して電動車ができることを最大限ユーザーに還元できる方法でクルマ造りを行っているのだ。

残念ながら10年前に東日本大震災が発生した当時は存在しなかった機能だが、その反省を受け、今や三菱の電動車全車に標準装備としているのは心強い。起こってほしくはないが、もしまた大震災などが発生した場合に備えて、電動車の強みを改めて見直すチャンスかもしれない。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

三菱/アイ・ミーブ
三菱 アイ・ミーブカタログを見る
新車価格:
300.3万円300.3万円
中古価格:
192万円225.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

三菱 アイ・ミーブの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アイ・ミーブのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アイ・ミーブの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アイ・ミーブの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アイ・ミーブのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる