autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 すでに“1万3千台”を受注し販売好調な「ホンダ フリード」チュート徳井も好評価「2列目は役員クラスの乗り心地!」

新型車リリース速報 2016/9/16 19:51

すでに“1万3千台”を受注し販売好調な「ホンダ フリード」チュート徳井も好評価「2列目は役員クラスの乗り心地!」

すでに“1万3千台”を受注し販売好調な「ホンダ フリード」チュート徳井も好評価「2列目は役員クラスの乗り心地!」

8月からの事前受注ですでに1万3000台を突破している新型「フリード」

9月16日、ホンダは同社のコンパクトミニバン「フリード」をフルモデルチェンジし、同日から販売を開始した。

ホンダ フリード 発表会
ホンダ フリード 発表会

新型フリードのラインナップは、6人乗り or 7人乗りの3列シートを備えた「フリード」と、2列シートに大容量ラゲッジルームを備えた「フリードプラス」の2モデル。

パワートレインは、フリード・フリードプラスともに1.5リッター直噴 i-VTECエンジンにCVTを組み合わせたガソリンエンジンモデルと、1.5リッター i-DCDに7速DCTを組み合わせたハイブリッドモデルが用意されている。

価格は、フリードのガソリンモデルが1,880,000円~2,332,200円で、ハイブリッドモデルが2,256,000円~2,656,000円。フリードプラスは、ガソリンモデルが1,900,000円~2,352,200円で、ハイブリッドモデルが2,276,000円~2,676,000円。

フリードの販売計画は月販6,000台だが、フリードは先月8月から事前受注を開始しており、先日までに既に1万3,000台を受注しているという。同社では新型フリードの投入により、2016年度の国内四輪販売計画「68万5000台」の実現をより確実なものにしていきたいとする。

初代フリードは累計で58万台を販売する人気車種

ホンダ フリード 発表会
初代 フリード

新型フリードの発売に伴い、ホンダ本社ビル1階のショールーム「Honda ウエルカムプラザ青山」において発表会が開催された。

今回、フルモデルチェンジしたフリードは2代目モデルとなる。

同社では“コンパクトミニバン”と呼ばれるカテゴリを創出したとも言える7人乗りモデル「モビリオ」を2001年に発売。そして、2008年にモビリオの後継モデルとして登場したのが初代「フリード」。

初代フリードは「ちょうどいい」をキャッチフレーズとして好評を博し、これまでの累計で58万台を販売する人気モデルとなった。

室内空間が大きく拡大し、クラストップへ

ホンダ フリード インパネ

そして今回、2代目となった新型フリードのコンセプトは「7days Wonderful Mobility」。先代の「ちょうどいい」をさらに進化させ、いつでも、どこでも、だれでもが思い通りに使える「すべての人にちょうどいい」クルマへと進化が図られている。

まず初めに注目したいのが、コンパクトミニバンではクラストップとなる室内空間。

新型フリードではこれまでと同様に1~3列目シートが存在するが、全てのシートで前後長を90mm拡大し、3列目であっても大人が快適に過ごせる室内空間が得られている。

ホンダ フリード 2列目シート

また、2列目が2人乗りとなるキャプテンシートについては、ロングスライドを+120mmの360mmとし、ステップワゴンに匹敵するほどの広さを確保。

さらにウォークスルー(通路幅)も拡大。1列目シートで+50mmとなる150mm、2列目シートで+25mmの160mmとなっている。

室内高は+40mmの1280mmとなって広々とした空間を実現しているほか、フロントウィンドウの上部を特徴的な形状で広げることで、見上げた際の視界を拡大。フロントサイドの三角窓の形状を変更することで、視認性も向上している。

また両側スライドドアは、横方向の開口部を+20mm、縦方向を+40mmとし、スライドドアを介して降りる際のステップ地上高は-15mmの390mmとすることで乗降性を向上させた。

ホンダ フリードプラス ラゲッジルーム
ホンダ フリードプラス ラゲッジルーム

新型フリードでは「フリードプラス」と呼ばれる、2列シート+大容量ラゲッジを備えたモデルもラインナップされている。先代では「フリードスパイク」と呼ばれていたモデルの後継だ。

フリードプラスでは、ラゲッジの低床化が最大の特徴。先代のフリードスパイクよりも185mmも下がった荷室により、重く背の高い荷物もラクラク積み込むことが出来る。

また、超低床化によりゴルフバッグを4つも縦に積むことが出来るなど広大な荷室容量を確保している。

先代のフリードスパイクで好評の車中泊について、フリードプラスではさらに進化を遂げた。荷室を上下分割することが出来る「ユーティリティボード」を使うことで荷室がフラットとなり、セミダブルサイズのマットレスを敷くことが出来て車中泊も可能となる。

フリード・フリードプラスでは、そのほかにもコンパクトミニバン初となる「Honda SENSING」の搭載や、走りの面においてもリアサス剛性やスタビライザー剛性のアップなど、先代よりも大幅な性能向上が図られている。

新型フリードのCMに出演している二人が登場!

(左)お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さん/(右)モデルの蛯原友里さん

同発表会では、新型フリードのCMに出演しているモデルの「蛯原友里」さん、お笑いコンビ・チュートリアルの「徳井義実」さんのお二人が登場した。

ホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さん

CM撮影の際にフリードを目の当たりにした印象について聞かれると蛯原さんは、

「外見はコンパクトなのに車内はすごく広くて、色が素敵だなぁーと思いました」

ホンダ フリードのCMに出演しているお笑いコンビ・チュートリアルの「徳井義実」さん

そして徳井さんは、

「インパネ周りの質感がすごく良いし、シートアレンジがもうすごいパターンがあって使いやすそうだなあと。あと、単純に乗ってて楽しそうだな!と感じました」

また、大の猫好きで知られる徳井さん。猫と一緒にクルマに乗ることはありますか?という質問に

「え!猫と一緒に乗ることは、ほとんどないですね!病院に連れていくとき位で」

と答えると、コメンテイターがすかさず、

「猫好き芸人、から引っ掛けてみたのですが、思ったより話が広がらなくて」

フリードのCMに出演している(左)蛯原友里さん/(右)徳井義実さん

すると、焦った徳井さんは

「あっ!じゃあ(嘘で)広げましょうか!?」

徳井さんらしいとのことで話が纏まり、再び、「猫好き芸人の徳井さんは、猫と一緒にクルマに乗ることはあるのでしょうか」という質問を投げかけられると、

「なんか、近所では“ネコグルマ”っていわれるほど常に猫を乗せて走っている男がいるなぁと噂になっているほどです」

と、徳井さんならではの話術を披露して盛り上がる会場。

これには蛯原さんも、

「楽しいですねー、生で聞けて嬉しいです!」

と喜ぶ一幕も。

フリードに実際に乗り込んで車内の広さを実感する蛯原友里さんと徳井義実さん
フリードに実際に乗り込んで車内の広さを実感する徳井義実さん

そして、いよいよフリードに乗り込んでいく2人。

運転席に座った蛯原さんは、「すごく広いですね!窓が大きいので眺めが良くて、運転しやすそうだな!って思います。あと収納がたくさんあって、すごい!女の子には嬉しいポイントが沢山あると思います」と女性ならではの目線で、フリードの視界の良さと収納スペースの多さに感心。

そして、2列目シートに座った徳井さんは、「いやほんと、足のスペースが凄いあるし、これはラクですね。役員クラスの乗り心地!といったところでしょうか」と、2列目シートの広さに好感触。

フリードプラスのラゲッジルームの使い勝手を目の当たりにする蛯原友里さんと徳井義実さん

さらに、フリードプラスでは超低床化のラゲッジに話が及ぶと、蛯原さんは「だからなんですね!CMの撮影でベビーカーを持ち上げるシーンがあったんですけど、すごく出し入れしやすくて助かりました」

そして、猫好きの徳井さんの為に用意された背高の「キャットタワー」。

それを見た徳井さんは、

「そうですよね、キャットタワーを運ぶことってよくありますよね。やっぱり季節の変わり目にはキャットタワー。春には春のキャットタワー、夏には夏のキャットタワー」

と、キャットタワーをラゲッジへ収めながら会場を賑やかした。

フリードプラスのラゲッジルームの使い勝手を目の当たりにする蛯原友里さんと徳井義実さん
ホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さんホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さんホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さんホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さんホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さん
ホンダ フリードのCMに出演している「蛯原友里」さん

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円