autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 自動車ショーのお目当ては「クルマ or コンパニオン」どっち?皆さんの意見を聞いてみた

自動車ニュース 2017/11/13 11:11

自動車ショーのお目当ては「クルマ or コンパニオン」どっち?皆さんの意見を聞いてみた

※写真は東京オートサロン2017

オートックワンツイッターでフォロワーの皆さんにアンケートを実施しました。

今回の質問は【東京オートサロン2018のお目当てはずばり!?(正直に)】

東京モーターショーや東京オートサロンなど、クルマのイベントと言えばレースクイーンやコンパニオンがセットのイメージありませんか?クルマやブースに華を添える大事な存在なのではないかと思います。

しかし、以前から「クルマだけが見たいのに」「カメラ小僧が多くて肝心のクルマが見れない」などの声がちらほら。実際、みなさんはどう思っているんでしょうか? 2018年1月12日から開催される東京オートサロン2018のお目当てはクルマなのかコンパニオンなのか聞いてみました!

結果は…

※写真は東京オートサロン2017

◇クルマ:62%

◇コンパニオン:18%

◇どっちも:20%

※有効回答数388票

   

なんと6割以上の方が「クルマだけ」と回答しました。ええ…そんなこと言ってコンパニオンの写真も実は撮ってるんじゃないの?なんて思ってしまいますが(すみません)、今回の質問では回答する際は“正直に”と書いたので、みなさんの素直な気持ちなんだと思います。

それでも4割弱の方はコンパニオンも見たくて行っているんですね。コンパニオン取材にも力を入れている編集部としては少しホッとしました。

みなさんの意見は?

カメラのフレームに入ってない

・東京モーターショーの某ブースで展示車の写真撮ってたんだけど、コンパニオンのお姉さんが横で色んなポーズ取ってくれてたの思い出した。(なお、お姉さん全く写ってない模様)

◎編集部コメント:1枚くらい写してあげてくださいー(泣)

撮りたくても撮れないんです

・コンパニオンさん達は撮りたくても撮れない。魅力のあるクルマが出て欲しいです

◎編集部コメント:なぜ撮りたくても撮れないんでしょうか?気になりますね。

コンパニオンなしの開催を希望

・コンパニオンにとって東京モーターショー出演は、元巨人軍的なステータスになると聞いたことがあります。しかしそんなのクルマ好きには関係無い事!というわけで一回コンパニオン無しでやってみましょうよ。当然入場料も駐車場も値下げしてね。

◎編集部コメント:も、元巨人軍!?“コンパニオン業界の”ってことですかね。確かにモデル事務所にスカウトされたりすることもあるようですね。

・暗黙の了解でもいいから“コンパニオン目当てはこの日限定”とかならんかな。普通に邪魔。

・クルマが見たくてもコンパニオンを撮りに来る人が多くてクルマがよく見えない時があるので、一度コンパニオンなしでやってみてもいいかなと思います。

◎編集部コメント:これは間を取ったいいアイディアかもしれませんね。

厳しい意見も

・正直コンパニオンが邪魔。クルマの写真を撮りたいのに勝手に入ってこないで欲しい。

◎編集部コメント:厳しい意見ですね。コンパニオンさんは仕事をしているだけなんです。許してあげてください(涙)

新人レースクイーンを発掘できる

・毎年恒例の某チームのレースクイーン発表や、レースクイーンの卒業(年度最後の仕事)を見るのが楽しみです。あとは、新人レースクイーンの発掘。この娘は可愛い!って思った娘がその年のどこかのチームの新人レースクイーンになる事もよくあります。あとはベテランレースクイーンさん達への新年の挨拶廻り(笑)

◎編集部コメント:なんと、コンパニオンさんへのポジティブコメントはこの方だけでした。レース好きの方はレースクイーンの存在意義を理解しているイメージが強く、オートサロンでの楽しみ方もまた違うんですね。

 

譲り合いの気持ちが大切

※写真は東京オートサロン2016

今回アンケートを取ってみて、なんとも厳しい意見が寄せられ驚きました。もちろんクルマが主役のイベントなので気持ちはわかります。「純粋にクルマが見たい」んですよね。

しかし、イベントとして見た時に、コンパニオンがもしいなかったら入場者数は何割減るのかなとも思います。空いてて見やすいと思う方も多いかもしれませんが、賑わいのないオートサロンは少し寂しい気もしますよね。

そこで、ここは譲り合いの気持ちをもってうまくやっていくしかないかなと思いました。私たちも取材をしていて感じるのですが、コンパニオン目当ての方(本当に数人ですが)が展示されているクルマの前を陣取って数十分その場から動かないなんてこともあります。何枚か撮影したら後の方に譲るなど、一人ひとりが気遣いできるようになれば、今回寄せられたような厳しい意見も変わってくるかもしれません。

「クルマ離れが進んでいる」と言われながらも、まだまだ盛り上がりを見せる東京モーターショーや東京オートサロン。これからも楽しいイベントを開催していってほしいですね。

東京オートサロン2018は、2018年1月12日(金)~14日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催されます。

>>東京オートサロンHP

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!