autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産がDeNAと無人運転車で提携、自動運転開発計画も発表

自動車ニュース 2017/1/6 15:40

日産がDeNAと無人運転車で提携、自動運転開発計画も発表

関連: 日産
日産 次期型リーフともいわれるIDS
DeNAが実証実験をしていた無人バス、ロボットシャトル

日産自動車は、無人運転車を含めた自動運転の開発計画を初めて発表した。

日産は第一フェーズとして、今年から日本の国家戦略特区にて無人運転技術の開発に集中的に取り組んでいくといい、2020年までにはそのスコープを拡大し、首都圏にてモビリティ・サービスでの技術活用の検証を含んだ実証実験を行う計画だという。

この無人運転車の実証実験を株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)とともに開始する。

DeNAは、株式会社ZMPと2015年5月に合弁会社ロボットタクシー株式会社を設立し、自動運転技術を用いたモビリティーサービスの実現に向けて、これまで様々な実証実験やデモンストレーションを実施してきた。

日産とDeNAの両社は、第一フェーズとして、今年から日本の国家戦略特区にて無人運転技術の開発に集中的に取り組んでいくといい、2020年までにはそのスコープを拡大し、首都圏にてモビリティ・サービスでの技術活用の検証を含んだ実証実験を行う計画。

日産はDeNAに対し、クルマづくりのノウハウと自動運転の最新技術を盛り込んだ電気自動車ベースのプロトタイプを提供。これに対しDeNAは、モビリティ・サービス提供のための情報技術(IT)システムの構築を担当し、オンラインおよびモバイルユーザー体験用の技術を提供していくという。

両社は、本実証実験の遂行や関連する組織能力開発に向けて必要となる投資を積極的に行っていき、2020年までの4年間、実際の走行環境での実証を重ね、関連技術を継続的に改善・強化していくことで、自動運転車開発の大きな進歩を見込んでいる。

日産の自動運転車実用化戦略は4つのステージからなっており、「ステージ1」の高速道路における同一車線の自動運転技術は、2016年8月に日産のミニバン「セレナ」に搭載した自動運転技術「プロパイロット」で実現。

「ステージ2」は高速道路における複数レーンの自動運転で、2018年までに実用化する予定で、自動での車線変更が可能となる。「ステージ3」は市街地の自動運転で、2020年までの実現を見込んでいる。最終段階の「ステージ4」が完全自動運転であり、無人運転を可能にする予定だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25