autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説]

新型車解説 2015/9/9 13:34

N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説](1/3)

関連: ダイハツ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: ダイハツ工業株式会社
N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説]

ユーザーニーズに応えるため、様々な全高の軽自動車を用意しているダイハツ

軽自動車は税金が安い代わりに、ボディサイズやエンジンの排気量が制限されている(だから税金の優遇という表現は正しくない)。

軽自動車の規格は、全長は3,400mm以下、全幅は1,480mm以下、全高は2,000mm以下で、エンジンの排気量は660cc以下に定められている。そのうち「全長」と「全幅」は昨今の軽自動車ではほぼ規格枠いっぱいに取られているため、車種によって変えられるのは余裕のある「全高」に限られる。

そこでダイハツは、全高が1,490mmのミライース、1,630mmのムーヴ、1,750mmのタント、さらに1,835mmのウェイクも用意した。80~140mm間隔で、全高の違う車種が設定されている。

背が高ければ車内は広くなり、その代わりに燃費性能が不利になって価格は高まる。一長一短で、目的に応じて選べるわけだ。実用的には上記の4車種で十分だが、近年は軽自動車の人気が高まり、新車として売られるクルマの35~40%を占める。趣味性の強い車種も必要になった。

「3つの世界観」を持つダイハツ キャスト

ダイハツ「キャスト スタイル」ダイハツ「キャスト スタイル」

この流れを受けて、2015年9月9日に登場したのが、内外装を個性的に仕上げた「ダイハツ キャスト」といえるだろう。

既存のダイハツ車に当てはめると、ボディサイズはムーヴとほぼ同じだ。前述のように全長と全幅は等しく、全高は1,600~1,630mmに設定した。後部のドアは横開きになる。

そして内外装は、アクティバ/スタイル/スポーツ(2015年10月発売予定)と3種類のデザインを用意。

ムーヴやタントは実用的な標準ボディとエアロパーツを装着したカスタムという選択だが、車種自体が個性的なキャストは、標準ボディを設けずに趣味性の強い仕様を細分化している。

ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト スタイル」

キャストの外観はアクティバ/スタイル/スポーツの3種類だが、基本的なデザインは共通だ。ヘッドランプは丸型で「ミラココア」や「コペンセロ」の路線ともいえるが、かつてダイハツが販売していた「ミラジーノ」にも似た印象も受ける。

ボディサイドは水平基調で、比較的シンプルに仕上げた。それでもフェンダー付近は力強い形状になり、SUV風といえるだろう。

「アクティバ」はこのSUV感覚をさらに強めた仕様で、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)はスタイルよりも30mm拡大して180mm(4WDは175mm)になる。

フロントマスクやリアゲートの下側には、アンダーガード風の樹脂パーツを装着。ボディサイドにはサイドドアモールが備わり、180mmの最低地上高と相まって、外観を文字どおりアクティブに見せている。タイヤサイズは165/60R15だ。

ダイハツ「キャスト スポーツ(仮)」

「スタイル」は前述のミラジーノに似た印象で、ボディの下側などにメッキパーツを装着して上質な雰囲気に見せている。アクティバに比べると最低地上高が少ない分だけ、全高も30mm下まわって1600mmになる。タイヤサイズは165/55R15だから、同じ16インチでも少し小さい。

そして2015年10月発売予定の「スポーツ」は、エアロバンパーやサイドストーンガードを採用。文字どおりスポーティな外観に仕上がる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ の関連記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24