MOTAトップ 記事・レポート 特集 モーターショー 今年の東京モーターショー2019はひと味違う! 見て触って乗れる新感覚のイベントに【東京モーターショー2019】

モーターショー 2019/7/30 11:00

今年の東京モーターショー2019はひと味違う! 見て触って乗れる新感覚のイベントに【東京モーターショー2019】

Text: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

お台場がクルマ一色に大変身

2019年10月24日から開催される東京モーターショー2019(TMS2019 主催:一般社団法人日本自動車工業会)の詳細が発表された。今回は東京2020オリンピック・パラリンピック開催の前年ということもあり、展示会場を東京ビッグサイトのみならずトヨタの展示施設”MEGA WEB”を使用するなど大幅なモデルチェンジが図られるという。今回は東京モーターショー2019の詳しい内容をお届けする。

>>東京モーターショー2019の会場マップなど気になる詳細をチェック[フォトギャラリー]

高校生以下は入場料無料! だが、オトナは値上げ……

2017年に開催された際の入場料は大人が1800円、高校生は600円であった。今回は”より若い世代を取り込みたい”とのことで、高校生以下は無料。その代わり大人が2000円と200円の値上がりとなる。

後に説明するOPEN ROADとドライブパーク、さらにはフューチャーエキスポに関しては、すべて入場料はタダとなる。

輸入車の出展はわずか5ブランドのみ

モーターショーといえば輸入車メーカーなど、普段なかなかお目にかかれないクルマと触れ合える貴重な機会だ。

ところが、今年のTMS2019に出展する輸入車メーカーはメルセデス・ベンツとスマート、ルノーとアルピーヌ、そしてBMW アルピナの5ブランドのみとなるのはファンにとっては残念なところではある。

とはいえ今回は、その分を挽回する様々なコンテンツの数々が用意されている。

※初出時、ルノー・アルピーヌの記載が漏れておりました。正しくは5ブランドです。お詫びして訂正いたします[2019年7月31日修正]

会場は東京ビッグサイトだけじゃない?

2020年7月に開催される東京2020オリンピック・パラリンピックの準備が各地で着々と進められている。例年モーターショーは東京ビッグサイトで開催していたが、その関係で一部使用不可に。

そこで、今回は東京ビッグサイトの西・南展示棟とTFTビル横の駐車場、さらには少し離れてはいるがMEGA WEBと東京ビッグサイト青海展示棟を使用する。両会場の行き来は、3分おきに循環する無料シャトルバスが走る予定だ。

見て触って体感するコンテンツが盛りだくさん! 東京オートサロンと初タッグも

TFTビル横で開催するドライブパークでは、毎年1月に開催される東京オートサロンと初タッグを組み、完成車メーカーが製作したカスタムカーが登場。さらに最新の4輪2輪などに乗れる試乗コンテンツ、FAI公認のドローンレースを国内で初めて開催する。

未来のクルマに乗れる体験型コーナーが充実!

ふたつの会場の移動はシャトルバスのほか、徒歩でも可能。両会場を繋ぐ夢の大橋は”OPEN LOAD”と名付けられ、近未来に登場するであろうモビリティの試乗会が開催される。

超小型モビリティのトヨタ i-ROADやパーソナルモビリティ、さらには電動キックボードに乗れる。

そのほか、トラックのコンセプトモデルやレース車両の展示も合わせて行われ、移動する際は存分にクルマの楽しさを味わえるというから楽しみだ。

万博もびっくり!? 日本の最新技術を総ナメしよう

MEGA WEB会場は”フューチャーエキスポ”と名付けられ、近未来の世界を体験できる。参加企業は自動車メーカー以外にも、NTTやパナソニックなどのオリンピック・パラリンピック等経済界協議会のほか、経済産業省などがタッグを組む。

未来の日本に入国しよう♪

フューチャーエキスポを未来の日本と仮定して、顔認証など未来の技術を使って入国。そこから完全自動運転車両やEVを使った住宅、顔認証決済による無人コンビニなどを体験できるという。

輸入車メーカーの参加数減という厳しい状況もあるが、いっぽうでTMS2019にはこれまでになかった新たな試みが用意されている。イベントの詳細は今後さらに明らかになっていく予定だ。こちらも情報が入り次第お伝えしていこう。

[筆者:MOTA編集部]

開催概要

・名称:第46回東京モーターショー2019

・主催:一般社団法人 日本自動車工業会

・共済:一般社団法人 日本自動車部品工業会

 一般社団法人 日本自動車車体工業会

 一般社団法人 日本自動車機械器具工業会

 日本自動車輸入組合

・開催期間・会場時間

・会期:2019年10月24日(水)~11月4日(月・祝)

・プレスデー:10月23日(水)8:00~18:00

10月24日(木)8:00~11:30

・オフィシャルデー:10月24日(木)11:30~18:00

・特別招待日 障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日

 10月24日(木)14:00~18:00

・プレビューデー:10月25日(金)9:00~14:00

・一般公開日:10月25日(金)14:00~20:00

月~土曜日10:00~20:00

日曜日 10:00~18:00

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR