autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート/河口まなぶ

試乗レポート 2013/3/4 19:42

横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート/河口まなぶ(1/2)

横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート/河口まなぶ

グローバル・フラッグシップブランド「ADVAN」の最新モデル

横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート

現在では横浜ゴムのグローバルブランドへと成長した「ADVAN (アドバン)」。

中でもアドバンスポーツは同社のフラッグシップモデルに位置づけられている。そんなアドバンスポーツの最新モデルが「ADVAN Sport V105」。このモデルは今年はじめに開催された東京オートサロン2013において発表された。そしてこれをスペインで開催された国際試乗会にて試してきたので早速報告したい。

グローバルブランドのフラッグシップモデルとあって、世界中からジャーナリストが招かれて開催された今回の試乗会は、スペインのロンダという街の近くにある「アスカリ・レースリゾート」が舞台となった。

ここはプライベートサーキットであるにも関わらず、コース全長は5.5kmと富士スピードウェイよりも長く、各コーナーは世界中の名コースを模したといわれる難コースである。ここで最新モデル「V105」を徹底的に試すことができたわけだ。

厳しい条件をクリアし、名だたるブランドに標準装着されている

横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート

アドバンがグローバル展開を始めたのは、2007年のこと。「Not for All」という挑戦的なキャッチコピーとともに世界に打って出た経緯がある。

その後アドバンスポーツは欧州の名だたるブランドに純正採用されてきた。アストンマーチンを始め、ポルシェやアウディ、そして最近ではメルセデス・ベンツへの装着が高まっている。標準装着と言葉にするのは簡単だが、実はこれ決して容易なことではない。採用までの道のりは険しいものとなっている。

自動車メーカーはそれぞれに独自の基準をもってタイヤ選択をするのだが、その基準をクリアするための条件はとても厳しい。

グリップに始まり静粛性や乗り心地など、あらゆる面で高い性能が要求されるのは当たり前の話。それを備えた上で最近では低転がり抵抗性能も求められているし、ハイパフォーマンスカーの性能をも受け止める必要性もある…といった具合で、標準装着されているという事実の裏側には、いかに厳しい条件をクリアしてきたかという証明があるのだ。

既に前モデルの「ADVAN Sport V103」からそうした経緯を持っているアドバンスポーツだが、今回の「V105」はその後継。当然ながらさらに高い性能が求められたことは間違いない。

横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート横浜ゴム 「ADVAN Sport V105」海外試乗レポート

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR