autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】スバル レヴォーグ vs スバル レガシィツーリングワゴン どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2014/7/9 10:41

【比較】スバル レヴォーグ vs スバル レガシィツーリングワゴン どっちが買い!?徹底比較(1/3)

【比較】スバル レヴォーグ vs スバル レガシィツーリングワゴン どっちが買い!?徹底比較

レヴォーグとレガシィツーリングワゴンを比較チェック!

スバル レヴォーグスバル レヴォーグ

スバルの新しい主力車種として「レヴォーグ」が注目されているが、その一方で2014年6月末にスバル「レガシィツーリングワゴン」がひっそりと生産を終えた。SUVスタイルの「アウトバック」、セダンの「B4」は日本でも次期型を販売するが、主力の「ツーリングワゴン」は設定されない。レヴォーグがレガシィツーリングワゴンの後継になる。

このような変則的なフルモデルチェンジを行う理由は、次期レガシィが現行型よりも海外指向を強めてボディを拡大するからだ。北米で扱われるレガシィB4の2015年モデルは、全幅が1840mmに達する。現行型は1780mmだから60mmの拡幅で、ひとまわり大きなクルマになってしまう。

そこでレガシィツーリングワゴンをレヴォーグに発展させた。レヴォーグの全幅は1780mmだから、国内向けのサイズとはいえないが、許容範囲に収まる。

スバル レガシィツーリングワゴンスバル レガシィツーリングワゴン

スバルのディーラーによれば、レヴォーグを披露して2014年の1月から受注を開始したところ、レガシィツーリングワゴンの注文も少し伸びたという。レヴォーグの概要を把握した上で、「最後のレガシィツーリングワゴン」を求めるユーザーもいるわけだ。

そしてレガシィは生産を終えた今でも、在庫車が残っている。値引き額は当然ながらレヴォーグよりも多く、30万円には達するだろう。歴代レガシィを愛用してきたユーザーであれば、メモリアルの意味も含めて、ツーリングワゴンに魅力を感じることもあると思う。

そこで今回は、レヴォーグとレガシィツーリングワゴンを比べてみたい。

レヴォーグ vs レガシィツーリングワゴン -動力性能・燃費対決-

スバル レヴォーグ

まずはグレード構成だが、レヴォーグが搭載するエンジンは、すべて直噴式のターボ(DIT)になる。排気量は1.6リッターと2リッターを用意する。レガシィツーリングワゴンは、2.5リッターのノーマルエンジンと、レヴォーグと同じ2リッターの直噴ターボだ。

駆動方式は全車が電子制御式の4WD(スバルはAWDと呼ぶ)を搭載。レヴォーグの1.6リッターターボとレガシィツーリングワゴンの2.5リッターは、多板クラッチを用いたアクティブスプリット方式になる。2リッターの直噴ターボは、両車ともセンターデフを使ったVTD方式だ。つまり、レガシィツーリングワゴンの2.5リッターが、レヴォーグの1.6リッターターボに置き換えられたと考えれば良い。

スバル レヴォーグ

動力性能も同等で、レヴォーグの1.6リッターターボは最高出力が170馬力(4800~5600回転)、最大トルクは25.5kg-m(1800~4800回転)。レガシィツーリングワゴンの2.5リッターは173馬力(5600回転)/24kg-m(4100回転)になる。

この2車の動力性能を比べると、余裕があるのはレヴォーグだ。実用性を重視したダウンサイジングターボとあって、実用回転域の駆動力を高めた。ターボのクセも抑えられ、レガシィツーリングワゴンの2.5リッターよりも力強い印象を受ける。

ただしレヴォーグの違和感が皆無というわけではない。巡航中にエンジン回転が1300回転前後まで下がった状態で緩い加速を行うと、反応が少し鈍く、1600回転付近から駆動力が立ち上がる。特にスバルのCVT(無段変速AT)は、ダイレクト感を重視して変速を抑えているから、ターボの特性を感じやすい。実用重視だから、高回転域の吹き上がりも大人しい。運転感覚としては、レガシィツーリングワゴンの2.5リッターが自然な印象を受ける。

スバル レガシィツーリングワゴン

レヴォーグの1.6リッターターボのメリットは、2.5リッター並みの動力性能を発揮しながら、燃費性能も優れていることだ。レヴォーグのJC08モード燃費は、17インチタイヤを装着した1.6GTと同アイサイトが17.4km/L。18インチの1.6GT-Sアイサイトが16km/Lになる。レガシィツーリングワゴンの2.5リッターは、16/17インチタイヤ装着車が14.4km/L、18インチは2リッターのターボと同じ12.4km/Lに下がる。燃費ではレヴォーグが明らかに有利だ。

一方、2リッターのターボは両車とも最高出力が300馬力(5600回転)、最大トルクは40.8kg-m(2000~4800回転)になる。排気量は2リッターでも、直噴式のターボによって動力性能は4リッター並みだ。両車ともに幅広い回転域で高い動力性能を発揮し、迫力のある加速を味わえる。

スバル レガシィツーリングワゴン

両車の動力性能を比べると、カタログ数値は同じでも運転感覚は異なる。レガシィツーリングワゴンの2.0GT・DITは、3000~4000回転付近における駆動力の盛り上がり感が比較的大きい。ターボの性格を感じるが、レヴォーグは直線的に吹き上がる。基本的には同じエンジンでも、レヴォーグの方が洗練されている。

2リッターターボのJC08モード燃費は、レヴォーグが13.2km/L、レガシィツーリングワゴンは12.4km/Lだ。両車ともターボにはアイドリングストップが付かない。それでもレヴォーグは、抵抗の少ないオルタネーター(発電機)を採用するなど、細かな低燃費技術によって燃費を向上させた。

スバル レヴォーグ 関連ページ

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23