autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GTアカデミー出身のマーデンボローがF1に向けての一歩となるGP3に参戦

自動車ニュース 2014/2/18 16:47

GTアカデミー出身のマーデンボローがF1に向けての一歩となるGP3に参戦

関連: 日産
マーデンボロー選手

日産は、2011年GTアカデミー勝者であるヤン・マーデンボロー選手が、2014年、F1の下部カテゴリーであるGP3に、チャンピオン経験チームであるアーデンインターナショナルチームから参戦することになったと発表した。

◎関連記事:“ゲーマー”から“レーサー”へ!ルーカス・オルドネス選手インタビュー/Meet The Professional

マーデンボロー選手は、近年のF1界で圧倒的な強さを誇るインフィニティ レッドブルレーシングのドライバー育成強化プログラムにも参加する。

ここ2シーズンは、SUPER GT、ル・マンプロトタイプ、シングルシーターと複数のカテゴリーに参戦し活躍を見せてきた。ニュージーランドを拠点とするTRSシングルシーター選手権ではシリーズ2位にも入る成果を残している。2011年にGTアカデミーのファイナルに残った日からわずか2年後、2013年のル・マンではポディウムフィニッシュも果たした。

GTアカデミーにとって重要な側面のひとつに、日産のドライバー育成プログラムとして、卒業生をバーチャルの世界から現実のレースコースでも活躍できるように育てるということがある。マーデンボロー選手も、この過程の中でスキルを積んできた。今後、インフィニティ レッドブルレーシングでさらに専用の育成プログラムを受け、その才能に一層磨きをかけていく。

マーデンボロー選手のコメント

マーデンボロー選手

「GP3に向けての気持ちは整っています。準備は万端ですし、私の成長を支えてくれた人々は素晴らしい人ばかりなので、私自身は自分のレースに専念することができます。F3では、マシンの中でも外でも、メンタル面でも体力面でも、とても多くのことを学びました。自分が成長する過程において最高のステップだったと思いますし、ここで学んだスキルは、GP3でも、またその先でも必ず役立ちます。アーデンと一緒に活動できることを楽しみにしています。第一印象はとてもよいものでした。彼らは経験が豊富で、何年も素晴らしい成功を収めています。私のレースエンジニア、ショーン(マクギル)と仕事をすることが待ち切れません。」

「GP3のマシンではまだレースをしたことがありません。でも、初期テストを行った感じでは、F3マシンよりもGP3の方が好みですね。あのパワーには魅力を感じます! 今シーズンは、F1にステップアップさせるドライバーを決定する影響力を持つ人々を振り向かせるチャンスでもあります。全力を尽くします」

レッドブル・レーシングのドライバー育成マネージャー、アンディ・ダメラム氏のコメント

「私たちのプログラムにヤンを迎えることをうれしく思います。日産のモータースポーツに対する革新的なアプローチには常に注目していましたし、特にGTアカデミーはモータースポーツの現在の仕組みに対する挑戦です。カートやシングルシーターからF1という伝統的な路線は一定の成功を収めましたが、日産とプレイステーションは全く異なる方向をたどり、ゲームだけで練習を積んできた人たちから非常に有能なドライバーを発掘し始めています。私たちのプログラムの中で、ヤンが今季のGP3でどのように活躍していくのか非常に興味がありますし、インフィニティ レッドブルレーシングの翼をつけて、さらにキャリアを積んでいくことを楽しみにしています」、「ヤンのような経歴のドライバーがこれほど活躍するのは、めったに見られることではありません。昨年、彼はヨーロッパのF3シリーズに参戦していました。参戦初年は大変苦労する選手権ですが、ヤンはシングルシーターでのレース自体、初シーズンだったのですから、信じられません。GTレースの初年はとても充実しており、ル・マン24時間でも見事なリザルトを残しました。カートやシングルシーターで経験を積んできたドライバーと、対等に戦っているのです」

「彼の才能は私を感銘させるだけでなく、今やモータースポーツ界の重鎮たちも、ヤンや日産、GTアカデミーが何を成し遂げたのかを話題にするようになりました」とハーバートは続けました。「モータースポーツ界は、GTアカデミーがこの世界に才能豊かな若い血を注ぐことに貢献しているのだと気付き始めています。ヤンやその他のGTアカデミー卒業生の活躍によって、ゲーム界でも新しい分野が生まれ、プロフェッショナルのレーシングドライバーになる新たな道筋を知って沸き立つモータースポーツファンも増えています。まだ答えの出ていない疑問はただひとつ、“ゲーマーはF1にまで上り詰めることができるのか?”だけです」

日産のダイレクターオブグローバルモータースポーツ、ダレン・コックス氏のコメント

「ヤンの成長は、GTアカデミーの卒業生が見せる活躍の、氷山の一角です。昨年、私たちはル・マン、スパ24時間、ドバイ24時間を含め、世界各国で41のポディウムフィニッシュを果たし、NISSAN GT-R NISMO GT3で2つのタイトルを獲得しました。今や事情通の人々の目にも、この革新は明らかに写っていますが、6年前に我々がこのプログラムを始めた当初は、ここまでの革新を起こせるとは想定していませんでした。日産とプレイステーションは、デジタル世代のファンにモータースポーツを呼び込み、今では地理的な意味でも拡大しています。最近では、我々のマーケットの中心であるヨーロッパ、ロシア、米国のほかにインド、中東が加わり、今後さらに新たなマーケットも発表する予定です」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24