にゃんこ大戦争の「ポノス」、「Oracle Red Bull Racing」と2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレースでのパートナーシップを締結


ポノス株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:辻子依旦、以下「ポノス」)は、イギリスのフォーミュラ 1(モータースポーツのカテゴリーの1つ、以下「F1」)のチーム「Oracle Red Bull Racing」と2022年F1第18戦「2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」におけるパートナーシップを締結したことをお知らせいたします。



2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース(以下「F1日本グランプリ」)において、「Oracle Red Bull Racing」のF1マシンであるRB18 には、車体バージボードに「PONOS」「The Battle Cats」ロゴのペイントが施されます。



今回のスポンサー契約について、ポノスの代表取締役 辻子は F1への想いをこう語りました。


私は子供の頃からモータースポーツを愛しており、特にF1に大きな憧れを抱いておりました。

「Oracle Red Bull Racing」は2005年のF1参入時から強い情熱をもち世界中のファンを魅了し夢と感動を与え、レースでは最高のパフォーマンスを出し続けており、 これはポノスが考えるビジョン「ゲームで世界中のお客様を笑顔にすること、エンターテインメントの可能性を追求していくこと」に繋がると考えております。

また、「Oracle Red Bull Racing」がF1に新規参入してから試行錯誤を重ねつつ、強豪に上り詰めている姿は、ポノスのチャレンジ精神ともリンクします。

ポノスは来月に迫った2022 F1日本グランプリ鈴鹿にて、3年ぶりに日本へ帰ってきたモータースポーツイベントを、「Oracle Red Bull Racing」と共に盛り上げてまいりたいと思います。



また、 「Oracle Red Bull Racing」のチーム代表兼CEOのクリスチャン・ホーナー氏より今回のスポンサー契約についてコメントをいただいております。


コロナ禍の終息とともに国境をまたぐ往来が再開され、F1史に残る数々の名レースが繰り広げられてきた鈴鹿の地で、再びF1グランプリが開催されることを本当に嬉しく感じています。
例年、鈴鹿サーキットには我々に情熱的な声援を送ってくれるファンのみなさんが多く詰めかけます。そのような雰囲気の中で、日本を代表するモバイルゲーム開発企業であるポノスと一緒に戦うレースは、間違いなくエキサイティングなものになるでしょう。
素晴らしいレースを見せ、ポノスとともに日本のファンのみなさんに楽しさと喜びを届けられるよう、チーム一丸となり全力で戦いに挑みます。

F1は世界各国において開催されている、世界最高峰のフォーミュラカーによるレースです。
世界中のモータースポーツファンが常に注目するF1チームへのスポンサー契約を通し、ポノスはF1のますますの発展を支援してまいります。



ここでしかゲットできないオリジナルグッズも登場!F1日本グランプリに物販ブース出展


10月6日(木)より開催のF1日本グランプリにて、今回のスポンサー締結を記念してポノス物販ブースを出展いたします。
当日は『にゃんこ大戦争』の人気グッズの他、会場限定デザインのグッズ販売をいたします。
また、『にゃんこ大戦争』と「Oracle Red Bull Racing」のオリジナルコラボレーションデザインのうちわも無料で配布予定です。会場にお越しの皆様は、ぜひお立ち寄りください。

【F1日本グランプリ物販ブース詳細】
▼会場

三重県鈴鹿市 鈴鹿サーキット
https://www.suzukacircuit.jp/access_s/

▼日時
2022年10月7日(金)8:00~10月9日(日)19:00まで(予定)

○限定グッズイメージ


フロントバイザーキャップ / ハンディファン / マフラータオル

○オリジナルコラボレーション団扇イメージ


※画像はサンプルになります。
※商品が変更になる場合がございます。
※商品は数量限定のため品切れする場合がございます。

その他、グランプリに関します詳細は以下レース公式サイトよりご確認ください。
https://www.suzukacircuit.jp/f1/


●「Oracle Red Bull Racing」について
2005年のチーム創設以降、「Oracle Red Bull Racing」はモータースポーツの最高峰であるF1グランプリで約20年におよぶ挑戦を続けてきました。
尽きることのない情熱とともに高い目標を掲げつつ、常に楽しむことを忘れない姿勢をモットーとしながら、80以上の勝利を積み上げてきました。その歴史の中で合計9つのワールドチャンピオンシップタイトルを獲得するなどの成功を収め、いまやF1には欠かすことのできないトップチームへと成長しました。
レースチームとして、トップチームとして、そして最先端技術を追い求めるイノベーターとして、「Oracle Red Bull Racing」は今後もF1という舞台でで究極のパフォーマンスを追求し、さらなる高みを目指していきます。


●ポノスについて


ポノスは、1999年の創業以来一貫してゲームを通してエンターテインメントという文化の発展に貢献してまいりました。【求められるモノは創らない、それ以上を創り出す。】を掲げ、求められるモノの中に、自分たちしか創れない価値をプラスしていくことを私たちは大切にしています。現在は、スマートデバイス向けのオリジナルゲーム開発を核に事業を展開し、代表タイトル『にゃんこ大戦争』は、累計DL数 7,600 万を(2022年9月現在)超え、多くのお客様に楽しんでいただいております。




企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる