日産車体ブースでは、制服女子がはたらくクルマをご紹介!【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
第46回東京モーターショー2019の日産車体ブースでは、救急車やタクシーなどのはたらくクルマが展示された。救急隊員や運転手などの制服に身を包んだコンパニオンたちが、普段なかなか見ることのできない乗降の様子などを見せてくれた。

>>制服女子で臨場感アップ! 救急車やタクシーを見る(画像39枚)

はたらくクルマ、日産車体の救急車&タクシー

青海展示棟のBホールでは、「車体エリア」ということでトヨタ車体と日産車体ブースが並んでいた。トヨタ車体が未来感全開のコンセプトカーを展示する一方、日産車体では救急車と黄色いタクシーがまず目を引いた。

救急車は、日産 NV350キャラバンのスーパーロング・ワイドボディ仕様をベース車両に、電動ストレッチャー、リチウムイオンバッテリーを搭載した「日産パラメディック」だ。普段あまり見ることがない車内の装備なども興味深い。今回は患者の代わりとして、首にコルセット、足に包帯を巻いた可愛いクマのぬいぐるみが治療を待っていた。

またタクシーは、スライド式スロープや乗降用大型手すりを標準装備した「NV200タクシー ユニバーサルデザイン」(プレスデーのみの展示)。

どちらも、現場の制服に身を包んだ女性コンパニオンたちが朗らかに乗降の様子を再現してくれた。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 
人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる