autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース タカタ初となる”回転する”ISOFIXチャイルドシートを発売

自動車ニュース 2016/4/12 14:00

タカタ初となる”回転する”ISOFIXチャイルドシートを発売

タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)

自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタは、タカタ初となる回転するISOFIXチャイルドシート「Child Guard 1.0」(チャイルドガード1.0)を、タカタのドイツおよび、日本の設計チームが共同開発し、2016年4月8日(金)より発売を開始した。

新商品の「Child Guard 1.0」は、3つのコンセプトを基に、ドイツ・日本の視点から開発したチャイルドシートで、安全性はもちろん、快適性や使いやすさ、スタイリッシュさを具現化した。

SAFETY:チャイルドシートではなく、チャイルドガードにすること

COMFORT:大切な赤ちゃんにこそ、一番の乗り心地をつくること

INNOVATION:安全には終わりがない.安心をイノベーションする

タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)

国内のチャイルドシートの使用状況をみると、自動車の座席にチャイルドシートを装着していても、誤使用により正しく固定されないミスユースが約半数を占めている。

タカタは、20年以上前からシートベルトを使わずにチャイルドシート取り付ける ISOFIXの研究開発に取り組んでおり、さらに、片手でも乗せ降ろしがしやすい操作性を追求し、新たに回転機能を取り入れた。

タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)
タカタ Child Guard 1.0(チャイルドガード1.0)

また、インナークッションの頭部サイドには、タカタ独自の衝撃吸収材“エアパッド”をダブルで搭載し、側面からの衝撃を効果的に吸収する。

また、シートの側面にカーブさせた大型UVサンシェードは走行中の強い日差しを効果的にカットする独特の形状に開発。さらに、遠心力や衝撃にもブレない安定した低重心設計により、安全で快適な乗り心地を実現した。

商品特長

ISOFIX方式

従来のシートベルトを使わずクルマの座席に装備された専用金具にカチッと固定。 取り付けミスをなくして、安心、安全を実現した。

ダブルAIRPAD

エアバッグに採用されている強くやわらかい織布で空気を含んだウレタンを包み込み外周を縫製、側面衝突時にはPAD内部の空気を逃がして衝撃を効果的に吸収する。

ROTATION(回転式)シート

乗せ降ろしをもっと快適に。回転シート+新しいアイディアを搭載した片手でクルリと回転するシートで赤ちゃんをスムーズに乗せ降ろしすることができる。加えて、着脱を簡単確実にする独自のマグネットタング&自立バックルを採用。ハーネスのねじれも防ぐ。

SUNSADE

大型UVサンシェードで太陽からも赤ちゃんを守る。

RECLINING

理想的な姿勢に簡単リクライニング。

LOW CENTER OF GRAVITY

走行中もしっかり安定させるよう低重心に設計した。

商品概要

商品名:Child Guard 1.0 (チャイルド ガード1.0)

参考年齢:新生児~4歳ごろ

適応範囲:体重18kgまで

重量:14.8kg

カラー:全5色 (NAVY BLUE, DARK GREY, GOLD YELLOW, BLUE SLATE, RED ORANGE)

価格:80,000円(税別)

取り扱い店舗:全国主要ベビー用品店、量販店、カー用品店など

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!