autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース タミヤ、3Dプリンタを活用したミニ四駆ボディ作りの親子向けワークショップを開催

自動車ニュース 2016/1/29 19:23

タミヤ、3Dプリンタを活用したミニ四駆ボディ作りの親子向けワークショップを開催

参考_那須塩原市での教室開催
教室で出力できるマシンのサンプル教室で用いるテンプレート化

株式会社タミヤは、同社のオフィシャルショップ『タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店』において、一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GANによる親子向け工作体験教室を開催する。

タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店は、同社が取り扱う約6,000点のタミヤ製品を見ることができるオフィシャルショップとして営業しており、週末・平日夜を中心に、同店2Fの多目的スペース「モデラーズスクエア」でミニ四駆・RCカー・プラモデルなどを題材とした体験・レースイベント等を主催している。

同店では2016年1月より、モデラーズスクエアの企業・団体向けの貸出サービスを開始しているが、今回、3Dデータを活用した産業の普及・振興に取り組む3D-GANとタミヤ プラモデルファクトリー 新橋店とのコラボレーション企画として、ミニ四駆のボディを題材とした3Dモデリングと3Dプリンタを活用した親子向けの工作教室を開催する。なお、主催者である3D-GANは本教室の全国での開催を予定しており、地域での開催を希望する自治体、団体、企業等を募っている。

今回の教室では、3D-GANが参加者1組に1台ずつ用意する3Dプリンタ&3Dモデリング環境と、テンプレート化されたボディとカスタムパーツの3Dデータを活用し、3Dモデリングツールの操作から3Dプリンタの出力までを約3時間で体験できる。また、3Dプリンタでのボディの出力完了後は、出来上がったボディをミニ四駆シャーシに装着してのミニ四駆サーキットの走行体験の時間も用意。近年の製造業の主流になっている3Dデータを活用したものづくりとミニ四駆作りを一度に体験できる機会となっている。

開催内容

名称:3Dプリンターでマイミニ四駆をつくろう!親子工作体験教室

主催:一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GAN

協力:株式会社タミヤ

会場:タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店

対象:小学生(4~6年生を推奨)、中学生およびその保護者

日程:2016年3月19日・20日の2日間で計4回開催

3月19日(土)10時15分~13時/14時~16時45分

3月20日(日)10時15分~13時/14時~16時45分

定員:各10組(計40組)

参加費:3,800円(税込み)(ミニ四駆・電池含む)

参加申し込み:3D-GAN公式サイトにて受付

申し込みページURL:http://www.3d-gan.jp/activities_4.html

タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店

所在地:東京都港区新橋4-7-2   6東洋海事ビル

アクセス:JR・東京メトロ銀座線「新橋」駅 烏森口より徒歩5分/都営三田線「内幸町」駅 徒歩7分

URL:http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/

営業時間:平日12:00~22:00/土・日・祝祭日 10:00~18:00

TEL 03-6809-1175

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!