デンソー ARでクルマ内部の自社製品を紹介【東京モーターショー2019】

トヨタのグループ会社であるデンソーは、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019に出展することを発表した。「セーフティソリューション」「エネルギーソリューション」「コネクティッドソリューション」の3つの分野を中心に展示する。

>>展示内容をいち早く! コネクティッドモックカーの画像をみる

デンソー 東京モーターショー出展概要

今回の東京モーターショーでは、「未来のモビリティ社会を創る実現力」をテーマとした3つの分野を中心に展示。コア技術を体感してもらうことで社会課題の解決や新しい価値創造に向けたデンソーの実現力を伝える。

展示ブースでは、AR(拡張現実)ミニモックカーを通して、クルマの内部に搭載されているデンソーの製品を紹介する。

セーフティソリューション

デンソーは、交通事故のない安心・安全な社会の実現に向けて、新車から既に販売されている車に至るまで幅広く安全を提供する技術・製品開発に取り組んでいる。

このテーマブースでは、ペダル踏み間違い加速制御装置など様々な先進安全製品を展示。「月明り程度の暗さ」といわれる1ルクスの空間を再現し、その暗闇の中で、デンソー製画像センサー、ミリ波レーダーの性能をプロジェクションとミニチュアカーを用いて体感することができる。

エネルギーソリューション

このテーマでは、豊かな環境と走るよろこびの実現を目指し、クルマのエネルギーマネジメントや余剰エネルギーの貯蔵などエネルギーへの多角的な取り組みや、ユーザーのニーズに応える多様なパワートレインの進化に取り組んでいるデンソーの技術を見ることができる。

こちらの展示ブースでは、エネルギーソリューションのキーとなる電動化についてわかりやすく説明。電動化車両に重要なモーター、インバーター、電池監視ユニットを紹介する。

コネクティッドソリューション

このテーマでは、クルマがクラウドとつながることでより便利で快適な暮らしを実現するために、クルマと様々なサービスをつなげる仕組みの提供について取り上げている。

展示ブース内のコネクティッドモックカー「DENSO URBAN MOVES」では、旅行、ビジネス、日常生活の3つのシーンで、暮らしがどう便利になるのか、どんな風に楽しくなるのかを体験できる。

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事