autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、電動アシスト自転車「PAS 」にニューモデル登場

自動車ニュース 2014/7/10 16:31

ヤマハ、電動アシスト自転車「PAS 」にニューモデル登場

YAMAHA PAS VIENTA5(ヤマハ パス ヴィエンタファイブ)[マットブラック]YAMAHA PAS VIENTA5(ヤマハ パス ヴィエンタファイブ)[ソニックオレンジ]YAMAHA PAS Brace XL(パス ブレイス エックスエル)[スカイブルー]YAMAHA PAS Brace XL(パス ブレイス エックスエル)[クリスタルホワイト]

ヤマハは、スポーティタイプの電動アシスト自転車「PAS VIENTA5」を7月18日より、「PAS Brace XL」を8月29日より発売する。

価格はPAS VIENTA5が129,060円(消費税込)、PAS Brace XLが163,080円(消費税込)。

「PAS VIENTA5」は、2011年の発売以来初めてとなるフルモデルチェンジを行い、男女を問わず手軽に爽快な走行を楽しむことができるスポーティカジュアルモデルとしてリニューアルした。フレームやグラフィックなどのデザインを全面的に見直したほか、新たにトリプルセンサーシステムを搭載し、よりなめらかで快適なアシスト走行を実現。

また、多様化する電動アシスト自転車へのニーズに対応するため、リチウムイオンバッテリーを従来より約30%容量が大きい8.7Ahに変更、急速充電器やサークル錠を採用するなど実用性を高めつつ、実際の使用シーンに合わせ内装5段変速機を採用するなど機能の最適化を行い、求めやすい価格設定を実現した。

「PAS Brace XL」は、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーと内装8段変速機を搭載し、通勤やサイクリングなどの長距離走行を快適に楽しめる本格派スポーティモデルだ。2014年モデルは、ハンドルグリップや変速シフター、ブレーキなどのパーツ変更、カラーラインナップの変更により、シャープでスピード感のあるスポーティなイメージが向上した。

2機種ともに、バッテリー残量と選択している走行モードから算出した残りアシスト走行可能距離や、消費カロリー、走行スピード、アシストパワーなどを表示できる「液晶マルチファンクションメーター」、ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を実現する同社独自の機構「S.P.E.C.」など、従来から好評の特長はそのまま継承し、さらに便利にPASを使用するための機能を追加した。

製品の主な特長

1)なめらかで快適なアシスト走行を実現するトリプルセンサーシステム

車速を感知する「スピードセンサー」、ペダルを踏み込む力を感知する「トルクセンサー」、ペダリングの速度を感知する「クランク回転センサー」のトリプルセンサーシステムの搭載により、瞬時にかつ繊細に走行状況と乗り手の動きを把握、なめらかで快適なアシスト走行を実現している。PASシリーズ2014年モデルは、全機種トリプルセンサーシステム搭載となる。

2)液晶マルチファンクションメーター

バッテリー残量と選択している走行モードから算出した残りアシスト走行可能距離や消費カロリー、走行スピード、アシストパワーなども表示できる「液晶マルチファンクションメーター」(アシストオフモードを含む4つの走行モード付き)を搭載。知りたい情報がひと目でわかる大型液晶表示で、夜間の視認性に優れるバックライトも装備している。

3)急速充電器で、スピーディに充電

「PAS VIENTA5」は2014年モデルより、「PAS Brace XL」は2013年モデルより急速充電器を採用している。12.8Ahリチウムイオンバッテリーは約3.5時間、8.7Ahリチウムイオンバッテリーは約2.5時間で充電することができる。スピーディな充電が可能なため、前日の充電忘れや急な外出時の補充電にも対応できる。また2014年モデルは、5.0Ah、8.7Ah、12.8Ahの3種類のリチウムイオンバッテリーが使用可能なため、家族で複数台の2014年モデルPASを所有する場合、各バッテリーを共有することができるので大変便利だ。

YAMAHA PAS 液晶マルチファンクションメーター

4)ファッショナブルで充実のカラーバリエーション

「PAS VIENTA5」はユニセックスでスタイリッシュなカラー、「PAS Brace XL」はシャープでスピード感のあるスポーティなカラーを採用。2モデルとも充実のカラーラインナップとした。

5)安心・充実の長期保

製品保証期間については、バッテリーは2年間、ドライブユニット・フレーム・フロントフォークは3年間、その他部品は1年間の長期保証となっている。

6)「S.P.E.C.」によるきめ細かなアシスト

ギアポジションごとに最適なアシスト力を供給する同社独自の「S.P.E.C.(スペック)/Shift Position Electric Control」を搭載。スピードセンサーにより走行速度を検出、モーター回転数との関係から選択しているギアを読み取ることによって、モーター回転数のみによる制御では成し得なかった広範囲にわたるアシストが得られるようになり、発進時から加速、巡航時はもちろん、坂道でもパワフルでなめらかな乗り心地を実現している。 なお、「PAS VIENTA5」は「S.P.E.C.5」、「PAS Brace XL」は「S.P.E.C.8」を搭載している。

7)使い方にあわせて選べる走行モード

ユーザーが好みや走行シーンに合わせて4つの走行モードから最適なアシストが選択可能。「S.P.E.C.」との組み合わせによって、きめ細かく無駄のないアシスト制御を可能にし、パワフルなアシストと走行距離の両立を実現する。また、走行モードは手元のスイッチで簡単に切り替えることができる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!