autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、【第40回 東京モーターショー2007】出展概要

自動車ニュース 2007/10/9 15:16

ホンダ、【第40回 東京モーターショー2007】出展概要

 ホンダは、「第40回東京モーターショー 2007」(主催:社団法人日本自動車工業会 10月27日より11月11日まで千葉県・幕張メッセで開催)に、ワールドプレミアとなるコンセプトモデル2台を含む乗用車および各種技術展示物を出展する。

 ホンダ乗用車ブースでは「この地球で、いつまでもモビリティを楽しむために」をテーマに、CO2低減などの環境対応とモビリティの楽しさを両立するための様々な先進の環境技術を展示する。

 ワールドプレミアとなるコンセプトモデルは、クリーン性能とトルクフルな走りを両立するHonda独創のハイブリッドシステムを搭載した、次世代のライトウェイトスポーツ「CR-Z」と、自由な発想でデザインした、使う人だけでなく周りの人も楽しくさせる、燃料電池車「PUYO(プヨ)」の2台を展示。さらに、9月にフランクフルトモーターショーで発表した、優れた環境性能と動力性能を実現した、次世代ディーゼルエンジン「i-DTEC」の機構モデルも展示する。

 さらに、スタイルや使い勝手の良さ、高い燃費性能などで好評を頂き、2001年の発売以来、全世界で200万台を販売し、日本で10月下旬に発売する新型フィットをはじめ、新しい可変シリンダーシステムを搭載し、年内に発売予定の新型インスパイアなど、市販車や市販予定車、コンセプトモデルなど合計11車種18台を出展する。

 また、「明日のエネルギーコーナー」では、新しいエネルギー開発の取り組みとして、稲藁(いねわら)からエタノールを製造する技術や、今年の秋より日本全国で発売する環境に優しい次世代型薄膜太陽電池などを紹介している。このほかF1をはじめ、夢の実現に向けてチャレンジしているレース出場車や、モビリティをいつまでも楽しむための先進の環境技術の展示により、これからのモビリティの新たな方向性を提案している。

◆「CR-Z」

先進技術により、環境に対する負荷を抑えた上で、誰もが運転する楽しさを感じることのできるハイブリッドライトウェイトスポーツのデザインスタディモデル。

◆「PUYO(プヨ)」

「CLEAN」、「SAFE」、「FUN」の要素を融合し、燃料電池技術を活用した超高効率なスモール骨格と、人と環境に優しく親近感のあるデザインにより、使う人だけでなく、周りの人も楽しくさせる新しいモビリティの提案。


■主な出展車両/展示物一覧 ※ワールドプレミアモデル〈★〉、ジャパンプレミアモデル〈☆〉

<参考出品車:試作車>
●CR-Z〈★〉
●FCX CONCEPT
●PUYO〈★〉
●シビック TYPE R(レーシングコンセプト)〈★〉

<参考出品車:市販予定車>
●インスパイア〈★〉
●ステップワゴン〈★〉
●ステップワゴン スパーダ〈★〉

<市販車>
●フィット
●S2000 TYPE S
●フィット RS
●シビック ハイブリッド
●フィット 福祉車両

<参考出品車:レース出場車>
●F1(RA107)
●アコード ディーゼル(2007年 JOY耐出場車)
●シビック ハイブリッドレーサー(2007年 ニュルブルクリンク24H出場車)

<展示物>
●i-DTECエンジン(カットモデル/機構モデル)〈☆〉
●V6-VCMエンジン(技術展示モデル)
●IMAエンジン(カットモデル)
●1.3L i-VTECエンジン(技術展示モデル)
●フィット カットモデル
●ドライビングシミュレーター
●インターナビ
●薄膜太陽電池
●コージェネレーションユニット

※出展車両および展示物台数は、予告なく変更する場合もあります。


東京モーターショー 2007


 
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!