autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、自動車リサイクル法に基づく2006年度再資源化等実績

自動車ニュース 2007/5/21 20:17

日産、自動車リサイクル法に基づく2006年度再資源化等実績

 日産は、2005年1月1日に施行された自動車リサイクル法※1に基づき、2006年度 (2006年4月〜2007年3月)に実施した ASR、エアバッグ類、フロン類の特定3物品の再資源化等の実績を公表した。

 同社は2006年度、ASR 128,827.9トン (635,440台)を引き取り、95,240.3トンの再資源化を実施した。その結果、ASR再資源化率は 73.9%となり、2015年度法定基準である70%を9年前倒しで達成した。また、この実績は、リサイクル実効率95.2%に相当し、2010年までの中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」の目標を4年前倒して達成したものである。

 エアバッグ類は 439,526個 (229,049台)を引き取り、回収処理または車上作動により再資源化を実施した。エアバッグ類再資源化率は94.3%となり、法定基準 85%を上回った。またフロン類は160,200kg(507,037台)を引き取り、適正な処理を行った。

 なお、特定3物品の再資源化等に要した費用総額は55億2319万3,204円、リサイクル料金を収受し、リサイクル等の実施時まで管理運用を担う資金管理法人から払い渡しを受けた預託金総額は56億4,211万3,359円となり、全体収支は1億1,892万0,155円のプラスとなった。
2004年度〜2006年度の累計収支では、5,820万6,881円のマイナスとなっており、ほぼ当初の予定どおり推移している。

 同社では、自動車リサイクル法でメーカーに規定された再資源化率をすべて達成した。今後は、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」で掲げた、究極のゴールである「再資源化率100%:廃車の材料を、原料として100%再利用する」という目標に向けた取り組みを進めていく。

■新型車での取り組み:
(1)更なる解体・リサイクルが容易な車両設計の導入と拡大
(2)ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車等のリサイクル技術開発

■廃車のリサイクル推進:
(1)廃車を原料とする「材料リサイクル」を推進
(2)「埋立量のゼロ化」への取り組み


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!