新型レヴォーグ プロトタイプを世界初公開!|スバル、東京モーターショー2019出展車両を発表【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:SUBARU

出展コンセプトは「人生をより良くできるクルマは、きっと、ある。~believe.~」

SUBARU(スバル)は、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019の出展概要を発表した。新型レヴォーグのプロトタイプを世界初公開するほか、市販予定モデルなどを展示する。

スバルの出展コンセプトは「人生をより良くできるクルマは、きっと、ある。~believe.~」。クルマを通じ、ユーザーの人生を豊かにするというスバルブランドの信念を出展車両やブース全体を通じ表現する。

>>SUBARU 東京モーターショー2019出展車を画像でもっと見る[フォトギャラリー]

スバル 東京モーターショー2019出展車両を一気にご紹介

主な出展車両1「新型レヴォーグ プロトタイプ」

2014年のデビュー以来、スバルの代表格モデルとして君臨し続けるレヴォーグがいよいよフルモデルチェンジを迎える。

ただし2019年9月25日時点でスバルから発表された第二世代のレヴォーグ画像は、斜め後方から撮った暗がりの写真1枚のみ。内外装のデザインなど全容がわかる本公開は、2019年10月23日の東京モーターショープレスデーとなる予定だ。

【新型レヴォーグ 詳細記事はこちらも併せてチェック!】

スバル 新型レヴォーグ、正式デビューは2020年デビューか|発売時期やエンジンラインナップも大胆予想【東京モーターショー2019】

アイサイトの進化も気になるところ

スバルのプレスリリースでは「SUBARUの持てる最先端の技術を結集し、自動運転化が進むモビリティ社会の中において“誰もが自分の意思で、運転をどこまでも愉しめる未来”の実現を目指した1台」だとする。

アイサイトの先行により、先進安全技術の世界で一歩先を突き進んでいたスバルだが、昨今では他社の技術も急速な発展を遂げており、スバルならではの優位性や差別化も難しくなってきた現状がある。そんな中、新型レヴォーグでまたアドバンテージを取り返せるのか、こちらも注目されるところだ。

なおスバルでは東京モーターショー2019開催を前に、9月25日より専用サイトを開設し、新型レヴォーグの最新情報を公開していく予定だ。

主な出展車両2「WRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ」

スバルが1989年から長年に渡り同社の主力スポーツエンジンとして幾多の名車に搭載されてきた“EJ20型”水平対向4気筒エンジンが、遂に2019年をもって生産を終了する。日本で最後まで同エンジンを搭載し続けてきた「WRX STI」も、2019年末で受注を終了することになった。

そこで30年に及ぶ歴史の集大成として、WRX STIに特別仕様車「WRX STI EJ20 Final Edition」プロトタイプを東京モーターショー2019会場で公開する。

【WRX STI 詳細記事はこちらから】

EJ20型がいよいよファイナル! 限定車「WRX STI EJ20 Final Edition」がアツい!【東京モーターショー2019】

こちらも新型レヴォーグ同様にスバルの特設サイトが9月25日より開設される。なおWRX STI EJ20 Final Editionは555台の限定となり、抽選販売を実施する。その詳細については10月23日に公表される予定。

主な出展車両3「インプレッサ SPORT 2.0i-S EyeSight」(2019年10月発表予定・大幅改良モデル)

8月27日より専用予約が始まっている5代目インプレッサのマイナーチェンジモデルも東京モーターショー2019会場でお披露目される。ワイド感を強調したフロントバンパーやヘッドライトなど外観デザインの刷新に加え、サスペンションの改良などにより走りの質感も向上。さらにアイサイト・ツーリングアシストを全グレードに標準装備化し、総合安全性能をさらに向上させた。

【新型インプレッサシリーズ 詳細記事はこちらから】

スバル、今秋マイナーチェンジの新型インプレッサを専用サイトで事前公開[2019/8/27]

主な出展車両4「SUBARU XV Advance」(e-BOXER搭載車・2019年10月発売予定・一部改良モデル)

クロスオーバーSUV「スバル XV」も東京モーターショーへの出展が決まっている。こちらもインプレッサのマイナーチェンジにあわせ一部改良を実施する。2リッターガソリンモデルを全てハイブリッド「e-BOXER」搭載モデルとするほか、アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備化し総合安全性能を向上。また悪路走破性を高めるX-MODEを改良し、路面状況に合わせ2つのモード選択が可能となるなど、全方位での改良が施されている。

主な出展車両5「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」(コンセプトカー・2019ジュネーブ国際モーターショー出展車)

2019年ジュネーブ国際モーターショーに初出展された「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」を国内で初公開する。同車は次世代のスバルデザインを示唆するコンセプトカーで、これまでのスバル車とは一線を画する大胆なデザイン表現を通じスバルブランドが持つ世界観を広げ、特徴をより際立たせることを目指す「BOLDER」の考え方のもとデザインされた。アクティビティをサポートするユーティリティと、道を選ばず、速く、意のままに駆け抜ける愉しさを併せ持ち、アクティブマインドを持つ人の「大自然の中を想いのままに走り廻りたい」という気持ちを駆り立てる、新しいスポーツヴィークルの形だ。

【VIZIV ADRENALINE CONCEPT 詳細記事はこちらから】

大人気C-HRにライバル現る!? スバル、クーペSUV「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」発表【ジュネーブショー2019】[2019/3/5]

[筆者:MOTA編集部/撮影:SUBARU]

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事