日本のACシュニッツァーファンの期待にブランド黎明期から応えてきたアドベント&スタディ【Vol.3】

ACシュニッツァーの普及に貢献してきたアドベント&スタディ

BMWナンバー1チューナーとして、世界的に名高い「AC Schnitzer(シュニッツァー)」。1987年に誕生し、現在はドイツ国内にある430店ものBMWディーラーで取り扱いがある。その黎明期から日本で普及に努めてきたのが正規輸入代理店の株式会社アドベントであり、BMW専門店の「Studie(スタディ)」だ。

アドベントによって日本上陸が実現したマニア垂涎の「S3 SPORT 2.5」

ACシュニッツァー & スタディ

日本に本格上陸したACシュニッツァー第1号はE30 M3だった。なかでも大きな話題を集めたのが「S3 SPORT 2.5」だ。通常の2.3から2.5にボアアップしたM3をACシュニッツァーがさらにチューンナップ。ACシュニッツァーのリアウイングやファーストモデルホイールのT1 3Pも装着している。

BMW全車をカバーするACシュニッツァー

人気モデルだけでなく、BMW全車のアイテムを豊富に取り揃えているのもACシュニッツァーの特徴のひとつだ。流通量の少ない車種に関しても、ACシュニッツァーはしっかりカバー。定番モデルでなくても、新型車が発売されてから早い段階で機能系パーツやエアロパーツをリリースしている。

ACシュニッツァーのウェブページはこちら

スタディによってモディファイされたACシュニッツァーのE46 M3&F10 M5

ACシュニッツァー & スタディ

ACシュニッツァーが日本上陸を果たした当時から結び付きが深いスタディは、同ブランドのデモカーを数多く仕上げてきた。E46 M3をベースにしたACシュニッツァーのデモカーもスタディがモディファイ。レーシングリアウイングやリアディフューザー、コネクティングロッドが付属したカーボンフロントスポイラーなど、ACシュニッツァーのアイテムをスタディがスタイリッシュにまとめ上げている。

ACシュニッツァー & スタディ

ドライカーボン製のフロントリップスポイラーを装着したF10 M5も、スタディによってモディファイされたACシュニッツァーのデモカーだ。ホイールは21インチのタイプ8フォージド・モノブロック。カーボン製のリアディフューザーなど、ACシュニッツァーらしさを感じさせるアイテムが随所に採用されている。

ACシュニッツァーとスタディのコラボ「M6 TENSION STREET VERSION」

スタディとACシュニッツァーの深い結び付きを語る上で、忘れてはいけない一台が「M6 TENSION STREET VERSION(テンションストリートバージョン)」だ。

M6テンションストリートバージョンは、ACシュニッツァーがドイツ本国で発表した、コンセプトカーの「TENSION」をアップデートしたボディキットを装着。そのボディキットを軸にスタディがコーディネイトし、公道で走れる仕様にモディファイしたACシュニッツァーのコンプリートカーだ。

ACシュニッツァー & スタディ

もちろん、機能面もACシュニッツァーの名に恥じない仕上がりだ。足回りやエキゾーストシステムにACシュニッツァーの英知を投入。それらのポテンシャルがスタディの卓越した技術によって引き出されている。

ボディカラーは日本独自のホワイト×カーボン。内装もスタディによってフルメイクされている。その証拠に、車内の随所にスタディのロゴがあしらわれている。

ACシュニッツァー & スタディ

スタディの公式サイトはコチラから

モーターサイクル用アイテムも豊富にラインナップ

ACシュニッツァー & スタディ

四輪のみならず、ACシュニッツァーはBMWのモーターサイクル用アイテムも展開している。こちらもアドベントが正規輸入代理店を務めており、全国のバイクショップで取り扱いがある。プロテクターや機能系パーツなど、さすがBMWナンバー1チューナーの品揃えとなっている。

ACシュニッツァーのファンミーティングを初開催

ACシュニッツァー & スタディ

これまで、3回に渡りお届けしてきたACシュニッツァーとスタディのコラボレーション企画。最後に紹介するトピックは、初の試みとして2019年7月に開催された「ACシュニッツァーファンミーティング」についてだ。

ACシュニッツァー & スタディACシュニッツァー & スタディ

アドベントが主催したこのイベントは、ACシュニッツァーのエキスポートマネージャーやアジア地域担当者を招き、東京都府中市のアドベント本社で開催。近隣のACシュニッツァーファンも招待された。

今回はクローズドでの開催となったが、次回は広く参加者を募ることも検討しているという。SNSでの募集も視野に入れているとのことなので、ACシュニッツァーファンはアドベントからの発信にぜひ注目してほしい。

ACシュニッツァーならスタディにお任せ!

BMWを知り尽くしたプロショップ、スタディだからこそ、BMWナンバーワンチューナーであるACシュニッツァーを完璧に扱うことができる。ACシュニッツァーのパーツが気になった人は、横浜本店を始め、全国に5店舗あるスタディを訪れてみよう。きっとあなたのBMWとミニがカッコよく、そしてスポーティになるはずだ。

スタディの公式サイトはコチラから

ACシュニッツァーのウェブページはこちら

筆者   井口 豪
1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。
関連車種
  • 3シリーズ
  • 4シリーズクーペ
  • 5シリーズ
この記事の写真ギャラリーはこちら

ACシュニッツァー & スタディの関連記事

Brand Info -

ACシュニッツァーとは?

AC Schnitzer(ACシュニッツァー)は、ドイツ国内ではBMWディーラー網でのみ販売されるBMW No.1チューナー。世界的に有名なツーリングカーレーシングチームのオーナーでBMWディーラーも持つヘルベルト・シュニッツァーとアーヘンを拠点に多くのBMWディーラーを展開しているウイルヘルム・コールがパートーナーシップを結び、1987年に誕生した。現在は各国の正規輸入代理店を通じ、世界約50カ国で販売。日本国内では株式会社アドベントが正規輸入代理店を務めている。

【お問い合わせはこちらから】

スタディとは?

1995年に「ミスターBMW」こと鈴木 康昭氏によって設立された、メンテナンス、モディファイ、チューニングなどなど、BMWのことなら何でもお任せあれのBMW専門店。東京、横浜、仙台、名古屋、神戸に店舗を構える。BMWのユーザーイベントを積極的にサポートしており、モータースポーツ界でも精力的に活動。スーパーGTに初音ミクのラッピングを施したZ4で参戦したことでも話題を集めた。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名
株式会社アドベント
郵便番号
183-0005
住所
東京都府中市若松町2-27-22
TEL
042-306-7321


店舗名:スタディ 横浜

郵便番号:222-0034

住所:神奈川県横浜市港北区岸根町61-2

TEL.045-476-3181

店舗名:スタディ 東京

郵便番号:183-0005

住所:東京都府中市若松町2-27-22

TEL.042-367-5301

店舗名:スタディ 神戸

郵便番号:658-0032

住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-12-5 六甲アイランド内

TEL.089-843-7800

店舗名:スタディ 名古屋ベイ

郵便番号:455-0021

住所:愛知県名古屋市港区木場町9-51 スーパーオートバックスナゴヤベイ 2F

TEL.045-476-3181

店舗名:スタディ 仙台

郵便番号:983-0013

住所:宮城県仙台市宮城野区中野5-8-1

TEL.022-290-5330

企業HP:こちら