autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、ハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼルの国内導入を決定

自動車ニュース 2008/9/10 15:59

アウディ、ハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼルの国内導入を決定

2010年にプレミアムSUV Q7にTDIを搭載、順次モデルを拡大


null
null
null

アウディ ジャパンは、2010年を目途に、ハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼル・エンジン(超低排出ガスシステム付高性能ディーゼル・エンジン)を搭載するプレミアムSUV アウディ Q7 3.0 TDIを6速ティプトロニック(オートマチック・トランスミッション)と組み合わせて導入することを決定した。

その後、順次搭載モデルを拡大し、2015年までに日本におけるアウディ全販売台数の10%が、ハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載する予定だ。

日本国内導入予定のハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼル・エンジンは、現在予定されている世界で最も厳しい排ガス規制をクリア。2000バールという高い噴射圧力をもつ最新ピエゾコモンレールシステムや、燃焼室センサーにより燃焼プロセスを精密に管理することで、効率燃焼の向上とともに一次排出物質を大きく削減する。一方、アドブルーをDeNOx(窒素酸化物除去)コンバーターの上流に微量噴射することにより、窒素酸化物を最大90%除去する。これらシステムにより、現在世界で最も厳しい排ガス規制となる、2009年導入予定の日本のポスト新長期規制をクリアするクリーンな排気を実現した。

このエンジンはアメリカのLEV II BIN 5、2014年ヨーロッパで採用予定のEU6もクリアする見込み。ハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼル・エンジンが新たに搭載されるプレミアムSUV アウディ Q7は、日本で2006年10月発表以来、2008年8月末までに1,153台の販売実績を持つモデルだ。

1989年、アウディは世界で初めて直噴ディーゼル・エンジン、TDIを発表。以来TDIエンジンを搭載したモデルを全世界でおよそ500万台販売してきた。ヨーロッパにおいてはアウディ全販売台数の72%がTDI搭載モデルとなっている。

アウディは2009年からアメリカとヨーロッパでこのハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼル・エンジンの販売を開始し、順次搭載モデルを拡大、続いて日本へと拡大させていく予定だ。

ディーゼル車の日本の導入率は今はほぼ0%だが、2015年には5%となっていると推移している。発表会会場で販売予定のアウディ Q7のエンジンを始動してもらったが、エンジン音も非常にソフトでにおいも感じず、非常にクリーンな印象を受けた。現在、アウディ Q7 3.0 TDIを導入予定だが、マーケットのユーズに答えて他のグレードにも導入していく予定でいるそうだ。


ハイブリッドよりも燃費がよく、環境にもいいTDI。日本上陸が楽しみだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!