autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、ジェッタに高性能&低燃費のTSIエンジンを搭載して発売

自動車ニュース 2007/10/16 16:51

フォルクスワーゲン、ジェッタに高性能&低燃費のTSIエンジンを搭載して発売

 フォルクスワーゲンは、同社の上級スポーティセダン「ジェッタ」に、フォルクスワーゲンの新世代ガソリンエンジン「TSI」を搭載し、「ジェッタTSI コンフォートライン」として、10月30日より発売する。

 今回の主な変更点は、従来の2.0L FSIエンジンと6速A/Tの組み合わせに替わり、直噴ツインチャージャーエンジン「TSI」(1.4Lでありながら170PSを発生)と、フォルクスワーゲンの新世代トランスミッションである6速DSGとを組み合わせた、フォルクスワーゲンの最新パワートレインを採用した点である。
この変更により「高性能と低燃費」という相反する要素が高次元で両立。具体的には、従来の2.0L FSIエンジンと比べ、最高出力が150PSから170PSへと約13%、最大トルクは200Nmから240Nmへと20%向上しながら、燃費は12.0km/Lから14.0km/Lと、約17%も向上している。

 「ジェッタTSI コンフォートライン」では同時にエクステリアも変更され、クロームツインエキゾーストパイプ、ボディ同色フロント/リヤ アンダースポイラーが追加。また、今回の変更に伴い、「ジェッタ」全ラインアップでグレード名称が変更される。「ジェッタ2.0」は、1.4LTSIエンジンが搭載され、「ジェッタTSI コンフォートライン」となり、2.0L 直噴ターボエンジンを搭載したスポーティモデルである「ジェッタ2.0T」は、「ジェッタ2.0TSI スポーツライン」となる。

 価格は、新エンジン搭載の「ジェッタTSI コンフォートライン」が293万円(従来比+2万円)、「ジェッタ2.0TSIスポーツライン」は362万円(変更なし)となる。


  
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!