autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、バリアフリー2006への出展について

自動車ニュース 2006/4/19 15:27

マツダ、バリアフリー2006への出展について

 マツダは、今月20日からインテックス大阪で開催されるバリアフリー2006に、5月下旬発売予定の新型MPV助手席/セカンドリフトアップシート仕様車(出展車はセカンドリフトアップシート仕様車)をはじめ、プレマシー助手席リフトアップシート仕様車、スロープ式車いす移動車のデミオ i 及びAZ-ワゴン i の合計4車種を出品する。

 今回発売する新型MPVリフトアップシート仕様車は、専用リモコンもしくは、操作スイッチにより、電動で助手席もしくはセカンドシート(2列目左側)のシートを回転させることができ、且つ、シートが昇降する機構を備えている。

 旧モデルに比べ、オートリクライニング機構を追加し、昇降時にシートの背もたれを最適なポジションまで自動的に倒すことにより、頭部のクリアランスを確保させている。

 さらに、下降時のシート座面地上高を従来の450mmから435mm(セカンドリフトアップシート車)とすることにより、車いすなどからの移動の負担が少なく、スムーズな乗降を可能にしている。これにより、車に乗降する際の介護される側と介護する側の負担を軽減することができる。

 また、ユーザーの用途によってリフトアップシートを助手席、セカンド席(2列目シート左側)のどちらかを選択し装着することができる。

 この新型MPV助手席/セカンドリフトアップシート仕様車は、持ち込み登録扱いで、「23Fグレード」を除く全機種に設定し、幅広いニーズに応えるものとした。販売台数は年間100台を計画している。


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!